ニュース
» 2004年01月15日 18時13分 公開

パソコンにも接続できるラベルライター

ブラザー工業は、ラベルライター「P-touchシリーズ」の新製品として、PC接続に対応したモデル「P-touch 18R/18N」を2月1日に発売する。

[ITmedia]

 ブラザー工業は、ラベルライター「P-touchシリーズ」の新製品として、PCに接続しても利用できるモデル「P-touch 18R/18N」を2月1日に発売する。

 PCにUSB経由で接続可能。編集ソフト「P-touch Quick Editor」などを使い、さまざまなフォントや文字、画像入りのラベルを作成できる。PCにインストールされているTrue Typeフォントが使用可能なほか、スキャナで取り込んだロゴなどのデータもラベルにできる。

 本体に搭載しているキーボードを使用してのラベル作成も行える。JIS第1・第2水準漢字をすべて内蔵し、JIS外漢字でも人名やよく使われる文字も搭載した。本体には8文字×3行表示の液晶がついており、プレビュー画面も可能。

 本体サイズは幅149×高さ122.5×奥行き52ミリ。対応OSは、Mac OS 8.6以降Mac OS X 10.1以降またはWindows 98/Me/2000 Pro/XP。

 充電池/充電スタンドを同梱し、ACアダプタにも対応している「P-touch 18R」、ACアダプタ式「P-touch 18N」の2モデルをラインアップした。価格はそれぞれ1万8690円、1万3440円。

左「P-touch 18R」、右「P-touch 18N」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう