ニュース
» 2004年01月19日 17時11分 公開

東芝、dynabook春モデルを発表

東芝は1月19日、dynabookの春モデルとなる「dynabook EX1」「dynabook CX1」「dynabook VX1」「dynabook AX1」の各シリーズを発表した。

[ITmedia]

 東芝は1月19日、dynabookの春モデルとなる「dynabook EX1」「dynabook CX1」「dynabook VX1」「dynabook AX1」の各シリーズを発表した。

 dynabook EX1は、従来モデルの基本コンセプトを継承しつつ、AV機能をさらに充実させたモデルとなっている。ディスプレイが「15インチXGA高輝度Clear Super View液晶」となり、輝度が約380cd/m2になったほか、TV視聴用にLinuxベースの専用アプリケーションを搭載しているため、Windowsを起動しなくてもTVを見ることができるのが特徴だ。

 また、最下位モデルを除いて「harman/kardonステレオスピーカー」を搭載するため、従来のステレオスピーカーよりもよりよいサウンド環境を実現できる。

dynabook EX1

 dynabook CX1については、デザイン面の変更が主なポイントだ。キーボード刻印のフォントデザインのほか、電源スイッチからスペースキー、タッチパッド周りが統一感を持つようなデザインに変更された。

 同時に幅で10ミリ、高さが0.7ミリ小さくなったため、体積比で約5%のコンパクト化を実現。重量も約2キロとなった。

 このほかスペックとしての変更点は、全モデルの搭載CPUがPentium Mになったことや、無線LANがIEEE802.11b/gに対応したことが挙げられる。

dynabook CX1

 dynabook VX1、dynabook AX1については、VX1はPentium M/1.50GHz、AX1がモバイルCeleron/2.40GHzへとパワーアップしたほか、VX1では無線LANがIEEE802.11b/gに対応し、より使いやすくなったのが特徴だ。なおVX1には、TVチューナー同梱モデルが用意される。

dynabook VX1
dynabook AX1

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう