ニュース
» 2004年01月21日 18時06分 公開

ロジテック、パイオニア製ドライブ採用の8倍速DVD±R対応ドライブ

8倍速モードなら、DVD±Rメディア1枚分のデータを約8分で書き込めるという高速性が特徴だ。

[ITmedia]

 ロジテックは、DVD+R、DVD-Rともに8倍速記録に対応したDVD±R/RWドライブ2モデルを2月中旬に発売する。USB 2.0接続外付け型の「LDR-CA880U2」が2万9500円、ATAPI接続内蔵型の「LDR-CA880AK」が2万6500円。

 それぞれ、パイオニア製の8倍速DVD±R対応ドライブ(関連記事を参照)を採用した。8倍速モードなら、DVD±Rメディア1枚分のデータを約8分で書き込めるという高速性が特徴だ。

 その他のメディアの最大書き込み速度はDVD±RWが4倍速、CD-R/RWが24倍速。最大読み込み速度はDVD-ROMが12倍速、CD-ROMが40倍速。DVD-RAMの再生にも対応する。ファンレス設計で静音化した。

 外付け型「U2」のボディには、丈夫な一体型アルミボディを採用。PCの電源に連動して電源をON/OFFできる。158(幅)×50(高さ)×252(奥行き)ミリのコンパクトサイズで、重さは1.8キロ。

 対応OSはそれぞれWindows 98 SE/Me/2000/XP。DVD-Video作成ソフト「PowerProducer2.0 Gold for Logitec」や、DVD再生ソフト「PowerDVD 5」などが付属する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう