ニュース
» 2004年01月28日 17時09分 公開

ニコン、SDカード採用の300万画素「COOLPIX」

SD採用でより小型化したコンパクト2機種を発表。

[ITmedia]

 ニコンは1月28日、コンパクトデジタルカメラ新製品2機種を発表した。有効320万画素CCDを搭載した「COOLPIX 3200」(2月27日発売)と、有効200万画素CCD機「COOLPIX 2200」(3月12日発売)の2機種。それぞれオープン価格で、実売予想価格は「3200」が3万5000円前後、「2200」が2万5000円前後。

photo COOLPIX 3200
photo COOLPIX 2200

 手になじみやすいデザインを採用したコンパクトデジタルカメラ。「3200」は「COOLPIX 3100」の、「2200」は「COOLPIX 2100」の後継モデルで、記録メディアがコンパクトフラッシュからSDメモリーカードに変更されたほか、PCなしで直接プリンタと接続して印刷できる規格「Pict Bridge」に対応した。

photo

 シーンに応じて最適な露出、フォーカス、ホワイトバランスなどを自動でコントロールする機能や、ガイドフレームを表示して構図をとりやすくする機能を備え、初心者でも使いやすくした。

 本体には14.5Mバイトのメモリを内蔵した。電源は単3形乾電池2本。

 「3200」は、最長223秒までの音声付き動画撮影が可能。「2200」は音声なしでの動画撮影に対応する。

 本体カラーは「3200」が「パールシルバー」「ラズベリーレッド」「ミントグリーン」の3色、「2200」はシルバーのみ。

 また、6月発売予定の防水ケース「WP-CP1」を装着すれば、水深40メートルまでで撮影できる。

photo

 主な仕様は以下の通り。

製品名 COOLPIX 3200 COOLPIX 2200
撮影素子 1/2.7インチ有効320万画素CCD(総画素数334万画素、原色フィルター) 1/3.2インチ有効200万画素CCD(総画素数214万画素、原色フィルター)
記録画素数 2048×1536/1600×1200/1024×768/640×480ピクセル 1600×1200/1024×768/640×480ピクセル
レンズ 5.8−17.4ミリ(35ミリカメラ換算で38−115ミリ)、F2.8−4.9 4.7−14.1ミリ(35ミリカメラ換算で36−108ミリ)、F2.6−4.7
撮影距離 30センチ−∞(マクロ時は4センチ−∞)
電子ズーム 最大4倍
ファインダー 実像式
液晶ディスプレイ 1.6インチ低温ポリシリコンTFT
記録メディア SDメモリーカード/マルチメディアカード、内蔵14.5Mバイトメモリ
電源 単3形アルカリ乾電池×2本(付属)、リチウムイオン充電池、単3形ニッケルマンガン/ニッケル/リチウム電池×各2本
サイズ 88(幅)×65(高さ)×38(奥行き)ミリ
重量 約140グラム(本体のみ)
実売予想価格 3万5000円前後 2万5000円前後

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう