ニュース
» 2004年02月16日 12時00分 公開

オリンパス、光学10倍「C-770」「C-760」と生活防水「μ-30」

オリンパスが、光学10倍ズーム搭載コンパクト機「Ultra Zoom」シリーズの新製品2機種「C-770」「C-760」と、生活防水コンパクト「μ-30 DIGITAL」を発表。全機種に新画像処理エンジン「TruePic TURBO」を搭載した。

[西坂真人,ITmedia]

 オリンパスは2月16日、光学10倍ズーム400万画素「CAMEDIA C-770 Ultra Zoom」と同320万画素の「C-760 Ultra Zoom」、生活防水コンパクト「μ-30 DIGITAL」を発表した。3月上旬から順次発売する。価格はオープン。

光学10倍ズーム「CAMEDIA C-770 Ultra Zoom」「C-760 Ultra Zoom」

 C-770/C-760は、コンパクトボディに光学10倍ズームを搭載したUltra Zoomシリーズの新製品。両機種ともに最上位機種「C-8080 Wide Zoom」にも採用された新画像処理エンジン「TruePic TURBO」を搭載した。

 また、24万画素の0.44インチTFTカラー液晶ファインダーを搭載するなどEVFを強化したほか、背面TFT液晶も1.8インチと大型化。サイズは104.5(幅)×60(高さ)×68.5(奥行き)ミリと、従来機種に比べて幅と高さを3〜6ミリほどコンパクトにした。本体の重さはC-770が約300グラムで、C-760が280グラム。

mn_cm2.jpg 光学10倍ズーム・400万画素機「CAMEDIA C-770 Ultra Zoom」(ペールゴールド)

 1/2.5型有効400万画素CCDを搭載したC-770は、最大VGA・30fpsのMEPG-4映像が撮影できるなど動画機能を強化した。ボディカラーはペールゴールド/エボニーブラックの2色を用意。

mn_cm3.jpg エボニーブラック

 35ミリ判換算で38〜380ミリ相当(F2.8-3.7)の光学10倍レンズなど、主な基本性能は昨年発売の「C-750」やPictBridge/スーパーズームモードを搭載した「C-755」とほぼ変わらない。実売は6万円前後で3月中旬から発売する。

mn_cm4.jpg 光学10倍ズーム・320万画素機「CAMEDIA C-760 Ultra Zoom」

 1/2.7型有効320万画素CCDを搭載したC-760は、C-745の後継機種。外観やサイズはC-770とほぼ同じ。光学10倍ズームは35ミリ判換算で42〜420ミリ相当(F2.8-3.7)とC-770より望遠寄り。動画はMotion JPEG。実売は5万円前後で3月上旬から発売する。

 「C-770 Ultra Zoom」「C-760 Ultra Zoom」の主な仕様は以下の通り。

製品名 CAMEDIA C-770 Ultra Zoom CAMEDIA C-760 Ultra Zoom
撮像素子 1/2.5型有効400万画素CCD 1/2.7型有効320万画素CCD
記録方式 静止画:JPEG/TIFF、動画:MPEG-4/Motion JPEG 静止画:JPEG/TIFF、動画:Motion JPEG
記録画素数 静止画:最大2288×1712ピクセル、動画:最大640×480(MPEG-4/30fps、Motion JPEG/15fps) 静止画:最大2048×1536ピクセル、動画:最大640×480(Motion JPEG/15fps)
レンズ 光学10倍、38-380mm相当(F2.8−3.7) 同、42-420mm相当(F2.8−3.7)
デジタルズーム 最大4倍(スーパーズーム14倍) 最大3倍
ファインダー EVF(0.44型低温ポリシリコンTFT液晶、24万画素)
液晶ディスプレイ 1.8型低温ポリシリコンTFT
記録メディア xDピクチャーカード
電源 CR-V3×2/単3形(ニッケル水素、ニカド、アルカリ、リチウム)×4
サイズ 107.5(幅)×66(高さ)×68(奥行き)ミリ
重さ 300グラム(本体のみ) 280グラム(本体のみ)
実売価格 6万円前後 5万円前後
発売時期 3月中旬 3月上旬

生活防水に音声機能も――μ-30 DIGITAL

mn_cm5.jpg μ-30 DIGITAL(ブリリアントシルバー)

 JIS保護等級4相当の防水性能を持つ生活防水仕様「μ DIGITALシリーズ」の新製品。昨年月に発表された「μ-20」の後継機となる。マイク/スピーカー部などから水が浸入しやすいため、従来難しいといわれていた音声録音再生機能と生活防水機能を両立。水辺などで音声付き動画/静止画撮影が可能になった。また、新画像処理エンジン「TruePic TURBO」を新たに搭載したほか、屋外でも視認性のよいサンシャインTFT液晶を装備した。

mn_cm6.jpg ボディーカラーは、基本色のブリリアントシルバーに加えてアイスブルー(左)とオーシャンブルー(右)の計3色を用意

 また、従来の5つのシーンプログラムモード(ポートレート/夜景/記念撮影/風景/セルフポートレート)に、「ビーチ&スノー」「料理」「パーティーショット」の3つを新たに追加。そのほか、有効400万画素のCCDや3倍ズーム(35mmカメラ換算で35−105mm)など主な仕様はμ-20とほぼ同じ。サイズは99(幅)×56(高さ)×33.5(奥行き)ミリ、重さ159グラム(本体のみ)。

製品名 μ-30 DIGITAL
撮像素子 1/2.5型有効400万画素CCD
記録方式 静止画:JPEG/TIFF、動画:Motion JPEG
記録画素数 静止画:最大2272×1704ピクセル、動画:最大320×240(Motion JPEG/15fps)
レンズ 光学3倍、38-105mm相当(F2.8−3.7)
デジタルズーム 最大4倍
ファインダー 光学実像式
液晶ディスプレイ 1.5型TFT(サンシャイン液晶)
記録メディア xDピクチャーカード
電源 専用リチウムイオン充電池
サイズ 99(幅)×56(高さ)×33.5(奥行き)ミリ
重さ 159グラム(本体のみ)
実売価格 4万5000円前後
発売時期 3月中旬

フォーサーズ対応レンズに150mm/F2.0

 フォーサーズシステム規格対応レンズ「ZUIKO DIGITAL ED 150mm F2.0」も発売する。焦点距離は35ミリ判換算で300ミリ。スーパーEDレンズとEDレンズを各1枚ずつ使った9群11枚構成で、F値は2.0〜F22。サイズはφ100(最大径)×146(全長)ミリ、重さは約1350グラム。撮影距離は1.2〜∞。発売時期は今夏で、価格は未定。

mn_cm7.jpg 「ZUIKO DIGITAL ED 150mm F2.0」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう