FileMakerがワークグループDB機能を強化

» 2004年03月10日 00時36分 公開
[IDG Japan]
IDG

 FileMakerは3月9日、新しいリレーショナルアーキテクチャを採用し、8T(テラ)バイトまでのデータ容量を可能にした、ワークグループ向けデータベース、FileMaker Pro 7製品ラインを発表した(製品リリースの日本語抄訳)。

 Version 7ではMicrosoft Access、Excel、PowerPoint、Wordなどのバイナリファイル、ドキュメントファイルをデータベースとして取り込むことができる。

 Relationships Graph機能は、データベースのビジュアルマップを提供するもので、ユーザーはクリック&ドラッグ形式のツールでリレーションを作ったり変更したりできる。Version 7のリレーショナルモデルでは、ファイルに複数のテーブルを持たせることが可能だ。「これはまさに、強化されたリレーショナルモデルだ」とFileMaker 7のプロダクトマネジャー、マーク・ダブレッソン氏は語る。

 Version 7ではワークグループを集中管理できる機能や、フィールドレベルのデータセキュリティが設けられている。今夏に予定されているFileMaker Server 7 Advancedでは、ウェブパブリッシングも可能となる。

 「この製品は、Apacheにプラグイン接続し、HTMLプログラミングの必要なしでも、ダイナミックなウェブサイトを構築できる」とダブレッソン氏。

 ユーザーが不整合を発見する前にデータを保護する方法として、FileMaker Pro 7では変更を保存するオプションを個別に設定できるようになる。以前は、自動的に保存されていた。

 FileMakerは企業の部門単位、中小企業をターゲットに、Microsoft SQL ServerやOracleの代替データベースとして提供されている。

 「中小企業ユーザーにとっては、さらに安価に、しかも簡単に実現できる製品となるだろう」とIDCのアナリスト、レイ・ボグズ氏は述べている。

Copyright(C) IDG Japan, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年04月13日 更新
  1. ロジクールの“ちょい上”パンタグラフ式キーボード「Signature Slim K950」を試す (2024年04月11日)
  2. 自宅の「スマートロック」にありがちな誤解 家から締め出されないために心掛けている実践的な5つのこと (2024年04月12日)
  3. 8コア16スレッドのRyzen 9 7940HS×Radeon 780M搭載! 片手で握れるミニデスクトップPC「GEEKOM A7」の“強さ”をチェック! (2024年04月10日)
  4. 着脱式スタンドで縦置きや壁掛けも対応! 14型モバイルディスプレイ「GeChic On-Lap M141E」を試す (2024年04月12日)
  5. 無線LANルーター「Aterm」シリーズの一部に複数の脆弱性 設定変更や買い替えをアナウンス (2024年04月11日)
  6. CopilotでTeams会議の生産性アップへ Jabra製品のMicrosoft認定デバイスで話者識別、文字起こし機能が強化 それがどう役立つのか (2024年04月11日)
  7. ASRock、グラフィックスカードも装着できるRyzen対応のベアボーンPCキット  (2024年04月12日)
  8. Keychron、メカニカルキーボード「Keychron Q1 Max」日本語配列モデルをMakuakeで提供開始 (2024年04月12日)
  9. これを待ってた! ロープロ版GeForce RTX 4060搭載カードがASUSから登場! (2024年04月13日)
  10. あなたのPCのWindows 10/11の「ライセンス」はどうなっている? 調べる方法をチェック! (2023年10月20日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー