IXY DIGITALも500万画素に――キヤノン IXY DIGITAL 500(4/4 ページ)

» 2004年03月30日 09時00分 公開
[石井英男,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

IXY DIGITAL 500:作例

※このページの画像はWeb掲載用に加工してあります。リンクをクリックすると、手を加えていないオリジナルの画像を表示できます

 IXY DIGITAL 500の作例をいくつか紹介しよう。まずは、広角端と望遠端、デジタルズーム併用時の比較だ。空の色や雲の様子もしっかり描写されており、解像感も高い。

光学3倍ズームの広角端(36ミリ相当)で撮影。ISO50、1/320秒、F7.1(オリジナル画像を表示
光学3倍ズームの望遠端(108ミリ相当)で撮影。ISO50、1/640秒、F4.9(オリジナル画像を表示
デジタル併用約12倍ズーム(443ミリ相当)で撮影。ISO50、1/400秒、F4.9(オリジナル画像を表示

 次は、マクロモードでの作例だ。IXY DIGITAL 500のマクロモードでは、最短5センチ(広角端時)まで寄ることができる。発色も鮮やかで、細かなディティールもしっかり捉えられている。

マクロモードで撮影。ISO50、1/320秒、F7.1(オリジナル画像を表示
マクロモードで撮影。ISO50、1/125秒、F2.8(オリジナル画像を表示

 次の作例は、直射日光が当たっているシーンである。コントラスト差が大きいが、白トビや黒潰れもなく、赤や朱の微妙な色の違いもよくわかる。いわゆる記憶色重視の色作りであり、見栄えがする。

ISO50、1/800秒、F3.5(オリジナル画像を表示

 ISO感度を上げた場合の比較。夜間にライトアップされている浅草寺五重塔を撮影した。ISO感度を400まで上げると、さすがにノイズが目立ってくるが、ISO200までなら十分実用的なレベルだ。

ISO100、1/5秒、F2.8(オリジナル画像を表示
ISO200、1/10秒、F2.8(オリジナル画像を表示
ISO400、1/20秒、F2.8(オリジナル画像を表示
前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

最新トピックスPR

過去記事カレンダー