速報
» 2004年04月02日 08時18分 公開

HP、AMDへの傾倒を示す「Pavilion」新モデル

Pavilionの新シリーズ「a500」では9モデル中7モデルでAMDのプロセッサを採用。a550eとa530eはAthlon 64、a510eはAthlon XPを搭載している。アナリストはこれを、HPがAMDに傾きつつあることを示すものだと指摘。(IDG)

[IDG Japan]
IDG

 米Hewlett-Packard(HP)がこのほど発売したデスクトップPC「Pavilion」の新シリーズは、デスクトップPCで同社がAMDプロセッサへの関心を高めていることを裏付けるものだ。

 Pavilionの新シリーズ「a500」では9モデル中7モデルでAMDのプロセッサを採用。HPshopping.comのサイトに3月31日、「a550e」「a550y」「a530e」「a510e」「a500y」に関する一部情報が掲載され、4月1日までには詳しい仕様が公開された。HP広報担当者もこのPCが販売中であることを認めている。

 HPshopping.comによると、a550eとa530eはAthlon 64、a510eはAthlon XPを搭載している。同サイトで販売しているPavilion 500シリーズのほかの新モデルはIntelのPentium 4とCeleron搭載。

 また、ARSの業界アナリスト、トニ・デュボワーズ氏によれば、このほかにもAMDプロセッサを搭載したa500シリーズの4モデルが、Fry's Electronicsが運営するOutpost.comのサイトで販売中だ。

 HPはデスクトップPCでAMDプロセッサを採用しているメーカーとしては最大手。Dellはこれまでのところ、AMDの採用に踏み切っていない。今回の新モデルは、AMDプロセッサを搭載したHP a500nシリーズ4モデルの発売と合わせ、デスクトップPCのPavilionで同社がAMDに傾きつつあることを示すものだとデュボワーズ氏は指摘している。

Copyright(C) IDG Japan, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう