ニュース
» 2004年04月19日 21時56分 公開

アップル、合成&エフェクトソリューション「Shake 3.5」を発表

アップルコンピュータは、フィルム/HD映像などに対応した合成&エフェクトソフトの新バージョン「Shake 3.5」を発表、5月下旬より発売する。

[ITmedia]

 アップルコンピュータは、フィルム/HD映像などに対応した合成&エフェクトソフトの新バージョン「Shake 3.5」を発表、5月下旬より発売する。価格はMac OS X版(リテールボックス版/フローティングライセンス版)は34万6500円。Linux版、IRIX版はフローティングライセンス版のみで57万7500円。なお、Mac OS X版登録ユーザーは8万4000円でアップグレード版購入可能。

 今回のバージョンでは、Power Mac G5とMac OS X v10.3に最適化されたほか、複数の解像度および色深度を同時に処理できる、合成アーキテクチャを搭載した。

 また、ネットワークレンダリング管理ソフト「Shake Qmaster」の機能向上、ビジュアルエフェクトツールにモーフ、ワープ機能の追加により、形状の作成などの高度な作業がより簡単に行えるようになった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう