ニュース
» 2004年06月14日 17時06分 公開

Turbolinux 10 Desktop搭載のdynabook 2機種発売

東芝デジタルメディアエンジニアリングは、Turbolinux 10 Desktopをプリインストールしたdynabook 2機種を発売した。デュアルブート対応で、専用のリカバリーCDも付属する。

[ITmedia]

 東芝デジタルメディアエンジニアリングは、Turbolinux 10 DesktopをプリインストールしたB5ファイルサイズノート「dynabook C4120/TL10D」と、3スピンドルA4ファイルサイズノート「dynabook Satellite J11/TL10D」を同社オンラインストアを通じて販売開始した。価格は、C4120/TL10Dが29万1900円、J11/TL10Dが28万2450円(ともに税込み)。

 両製品は、東芝のBTO対応企業向けノート「dynabook C4120 DC14L/2」と「dynabook Satellite J11 220P/5」にTurbolinux 10 Desktopをプリインストールしたもの。ともにデュアルブート対応で、用途に応じてTurbolinux 10 DesktopとWindows XPを使い分けることができ、専用のリカバリーCDも付属される。

Turbolinux 10 Desktopをプリインストールした「dynabook C4120」

 C4120/TL10DおよびJ11/TL10Dの主な仕様は以下の通り。

モデル名dynabook C4120/TL10Ddynabook Satellite J11/TL10D
CPUPentium M/1.40GHzモバイルPentium 4/2.20GHz-M
液晶ディスプレイXGA対応12.1インチXGA対応15インチ
チップセットIntel 855GMIntel 852GM
メモリ(最大)PC2100対応、256Mバイト(1Gバイト)
グラフィックスチップセット内蔵
HDD40Gバイト30Gバイト
光学ドライブCD-ROM
ネットワークLAN、モデムLAN
スロットPCカード×2、SDメモリーカードPCカード×2
インタフェースUSB 2.0×4、IEEE 1394などUSB 2.0×4、シリアル、パラレル、PS/2、IrDAなど
価格(税込み)29万1900円28万2450円

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう