ニュース
» 2004年06月14日 20時15分 公開

カードの抜き挿しでPCの使用を制御できるセキュリティツール――エーディテクノ

エーディテクノは、カードの抜き挿しでPCの使用を制御できるカードリーダー型セキュリティツールを発売する。予想実売価格は1万6800円。

[ITmedia]

 エーディテクノは、カードの抜き挿しでPCの使用を制御できるカードリーダー型セキュリティツール「WinLoq」を6月25日に発売する。USB対応の「PCA300AU」と、RS-232C対応の「PCA300AR」の2機種がある。価格はオープンで、予想実売価格は1万6800円。

カードリーダー型セキュリティツール「WinLoq」

 WinLoqの特徴は、カードの抜き挿しでPCの使用可/不可を制御できること。カードを抜くと画面、キーボード、マウスがロックされ、挿すと復帰して使えるようになる。カードを抜いても使用していたソフトはそのままの状態で維持されるため、初心者でも簡単に使用できるという。使用可/不可の設定は、管理者カードでのみ変更できる。カードは1台につき2枚付属し、カードだけを別途購入することも可能。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう