ニュース
» 2004年06月16日 15時55分 公開

迷惑メール対策機能を追加した「ウイルスセキュリティ2005」を発売

ソースネクストは、個人向け総合セキュリティ対策ソフトの最新版「ウイルスセキュリティ2005」を7月8日に発売する。価格は1980円。新たに「迷惑メール対策機能」を搭載した。

[ITmedia]

 ソースネクストは、個人向け総合セキュリティ対策ソフトの最新版「ウイルスセキュリティ2005」を7月8日に発売する。価格は1980円で、旧バージョンユーザーは無料でアップデートできる。また、2ユーザーパックは2980円、同ソフトとバックアップソフト「Acronis True Imafe Personal」、データ復旧ソフト「救出 ファイル復元」とのセット「ウイルスセキュリティ2005 PLUS」は3980円。

 ウイルスセキュリティは、ウイルス対策や不正侵入対策(ファイアウォール)、情報漏洩対策機能を搭載しているセキュリティソフト。

 新バージョンでは、新たに「迷惑メール対策機能」を搭載した。Outlook、OutlookExpressに迷惑メール対策機能ツールバーが追加され、そこから簡単に操作が行える。

 受信したくないメールアドレスやドメイン名を登録したり、ユーザーが迷惑メールと判断したメールを登録して、次回から自動的に普通のメールと迷惑メールを振り分けることが可能だ。対応OSはWindows XP/2000/Me/98。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう