ニュース
» 2004年07月20日 16時52分 公開

シグマ、デジ一眼専用の18〜50ミリ大口径標準ズームレンズを発売

シグマは、デジタル一眼レフカメラの特性に合わせて専用設計した大口径標準ズームレンズを8月26日より順次発売する。価格はケース、花形フード付きで7万円。

[ITmedia]

 シグマは、デジタル一眼レフカメラ(DSLR)専用設計の大口径標準ズームレンズ「18-50mm F2.8 EX DC」を8月26日より順次発売する。開放F値は2.8で、画角は69.3〜27.9度に対応する。価格はケース、花形フード付きで7万円。

DSLR専用設計の大口径標準ズームレンズ「18-50mm F2.8 EX DC」

 同レンズは、SLDガラス1枚、非球面レンズ2枚を採用してDSLRで特に目立ちやすい倍率色収差などの収差を良好に補正したほか、DSLRに最適なコーティングを施すことによりフレアやゴーストを軽減した。最短撮影距離は28センチで、近接撮影にも活用できる。

 サイズは74.1(最大径)×84.1(全長)ミリ、重量は445グラム。フォーカス時にフロント部が回転しないインナーフォーカス方式を採用する。

 発売日は、シグマ用とキヤノン用が8月26日、ニコン用が9月3日。ペンタックス用は発売日未定。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.