AirMac Expressをあれこれ試してみた(1/4 ページ)

» 2004年08月03日 10時51分 公開
[こばやしゆたか,ITmedia]

 AirMac Expressは、IEEE802.11g対応の無線LANのベースステーション(ルータ機能付)である。さらに、USBプリンタを接続してプリンタサーバとして使うこともできる。

 でも、それだけではない。

 AirMac Expressにはラインアウト端子があって、これをアンプにつなぐと、iTunesの音楽を無線LAN経由で再生できるようになるのだ(AirTunes)。これはちょっと面白い。一週間借りられたので、いろいろいじってみた。

パッケージを開ける

 AirMac Expressのパッケージは、iPod miniのものと同じ形をしている。白い箱に青でアイコンがドカンと描かれたデザインで、とにかくこれが「無線」関係のものらしいことはすぐ分かる。

 開けてみるとこうなっている。本体を取り上げると、下にCD-ROMやマニュアルの入った薄い箱が見える。

 本体はこれ。パッケージとは逆に「無線」関係の製品とはとても思えないデザインだ。PowerBookやiBookのACアダプタとそっくり。

 端子は、イーサーネット用のRJ-45、プリンタ接続用のUSB(A)、そしてラインアウトだけだ。ラインアウトは、アナログ(メタル)のステレオミニと、光デジタルとが共通になっている。MDプレイヤーのラインインによく見られるタイプ。

 本体には、イーサネットケーブルもオーディオケーブルも付属しない。どれも汎用品でOKだが、オーディオケーブルについては、アナログ(メタル)のステレオミニ⇔RCAプラグ×2、光デジタル丸型⇔角型のケーブルと、ACケーブルとがセットになったものが別売りで用意されている。

 オーディオケーブルはMonster Cableのもの。一見ごつく見えるのだけど、コネクタまわりは意外に小さいので、隣のコネクタを邪魔することはない。ただ、AirMac Expressではアナログケーブルとデジタルケーブルは排他使用なので、それがセットになっちゃっているのはちょっとうれしくない。

 ACケーブルは、本体付属の一体型プラグと交換するタイプ。AirMac Expressをコンセントから離して置きたい場合に便利だ。これも(デザインさえ気にしなければ)、汎用のいわゆる「目玉ケーブル」でもいちおうOK。

 これも、オーディオケーブルとセットじゃなしに売ってくれればいいのに。

AirTunesで遊ぶ

 多少でも音楽に興味がある人が、AirMac Expressを買ってきて最初に試すのがこれだと思う。パソコンとAirMac Expressを直接無線LANで接続し、純粋にAirTunesだけで遊ぶものだ。

 AirMac Expressをコンセントに差し込んで、オーディオ出力をアナログまたはデジタルでアンプにつなぐ。パソコンの無線LANの接続先をAirMac Expressにする(実験した個体では、デフォルトの名称は「Apple Network 005b55」だった)。

 iTunes 4.6を起動。右下のほうに見慣れないポップアップがある(*1)。これがiTunesの音楽の出力先(iTunesではあっさりと「スピーカー」と呼んでいる)の選択だ。ここでAirMac Expressを選択。

 後は、iTunesで音楽を再生すれば、それがAirMac Expressにつながったオーディオで再生される。再生するものは、ライブラリーに入っているオーディオデータでもいいし、インターネットラジオでもいい。あるいはオーディオCDだってかまわない。

 アナログ接続で聞いてみたのだけど(デジタル入力できるアンプがないのだ)、音も悪くない。オーディオCDの再生で聞きくらべをしたのだけど、AirMac Express経由だとちょっと高域が鈍る感じはある。

 多分、AirMac Expressのアナログ出力段の問題だろう。でもMP3やAACのデータを聞いている分には平気。Gipsy Kingsのピークの鋭いギターのカタマリみたいに圧縮しづらいものだと、そのアラが聞こえてしまったりするくらいだ。


*1 もし、ポップアップがでてこない場合には、「環境設定」の「オーディオ」の「AirTunesに接続されているスピーカーを検索する」にチェック。わたしは最初、これでハマった。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年05月30日 更新
  1. 約3万円台半ばでペン付きのAndroidタブレット「Lenovo Tab M11」を試す コンテンツ消費には十分なスペック (2024年05月28日)
  2. 税込み5万8800円で買える「10.9インチiPad(第10世代)」の実力を最新iPad Proユーザーが改めてチェックした (2024年05月29日)
  3. パスワードの「定期的な変更は不要」だが注意点も 総務省がサイバーセキュリティサイトで呼びかけ (2024年05月28日)
  4. 会話が禁じられた謎のメタバース空間「ぷらっとば〜す」なぜ炎上? 内閣府の孤独・孤立対策強化月間企画だが…… (2024年05月30日)
  5. まるで“化粧品”な見た目だけじゃない! エレコムのガジェット新ブランド「ILMF」を使って分かったこと (2024年05月28日)
  6. 総務省がCHUWI(ツーウェイ)を「行政指導」 一部モデルで認証の取得漏れなどが判明 当該機種では「5GHz帯Wi-Fi」は使わないように (2023年04月13日)
  7. 気軽でカラフルなヘッドセットもいいぞ! ビデオ会議でも役立つロジクールの無線モデル「Zone 300」を試す (2024年05月29日)
  8. 無料で使える「Chrome OS Flex」! どの程度使えるのかを試した (2022年08月10日)
  9. Socket AM5対応の小型ベアボーン「DeskMini X600」がデビューで即ヒット! (2024年05月27日)
  10. あなたのPCのWindows 10/11の「ライセンス」はどうなっている? 調べる方法をチェック! (2023年10月20日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー