レビュー
» 2004年08月09日 18時17分 公開

最小構成8万円台が魅力のA4ノート──エプソンダイレクト Endeavor NT2700 (2/2)

[平澤寿康,ITmedia]
前のページへ 1|2       

独立した[PgUp][PgDn]キーの追加で操作性が向上

 キーボードにも若干の変更が加えられている。キーのピッチやストロークは従来モデルと変わらないが、[↑]キーの左右空きスペースに[PgUp]と[PgDn]の独立したキーが用意されたことで、ページビューの操作性が向上している。ポインティングデバイスは従来同様のタッチパッドで変更はない。

 ちなみに、インタフェースの設置場所もNT2600から大幅に変更されている。光学ドライブは本体左側面に配置され、そのかわりLAN、モデム、IEEE 1394、PCカードスロット、3in1カードスロットはすべて本体右側面に配置。またUSBコネクタは背面に配置されている。同じ背面にはVGAコネクタとパラレルも配置されている。

 またNT2600にも用意されていたが、本体前面には音楽CDの再生コントロールを行うボタンが用意されている。この機能は、OSが起動していない状態でも利用可能となっており、音楽CDをいつでも楽しめるように工夫されている。

一段下がった配置のカーソルキーであるが、[↑]キーの両脇に[PgUp][PgDn]キーが配置された
筐体前面に配置されたプレーヤーコントロールボタン。ビジネス利用を想定したNT2700であるが、プレゼン用にDVD-Videoを用意するケースも増えてきているので、そういうユーザーには便利かもしれない

コストパフォーマンスに優れビジネス用途に最適

 以上のように、従来モデルから大幅な機能向上を実現するだけでなく、薄型軽量化も実現したNT2700。それでいて従来からの最小構成8万円台という低価格を維持している。

 用途に合わせて豊富なBTOから機能を選択できるという点も幅広いユーザーに受け入れられる魅力だ。ホームユースでメインマシンとして利用するには、マルチメディア機能の弱さも見えるが、ビジネス用途としては申し分ない。ビジネス用途やサブマシンとしてお勧めしたいA4ノートPCだ。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう