キヤノン、デジカメラインアップを拡充──エントリーからハイエンドまで計5機種を発売(1/2 ページ)

» 2004年08月20日 14時10分 公開
[ITmedia]

 キヤノンは8月20日、320万有効画素CCDと光学2.2倍ズームレンズを搭載したスリム&コンパクトデジカメ「PowerShot A400」、500万有効画素CCDまたは400万有効画素CCDと光学3倍ズームレンズを搭載したスタンダードデジカメ「PowerShot A95」と「同A85」、710万有効画素CCDと28ミリ相当からの広角光学3.6倍ズームレンズを搭載した高性能スリムデジカメ「PowerShot S70」、および、710万有効画素CCDと光学4倍ズームレンズを搭載したハイアマ向け高画質デジカメ「PowerShot G6」を9月中旬に発売すると発表した。価格はいずれもオープン。

スリム&コンパクトデジカメの「PowerShot A400」では、軽快で親しみやすいイメージを表現するため、PowerShotシリーズ初のカラーバリエーションを展開した

 PowerShot A400は、同A310の後継モデル。軽快で親しみやすく、フレッシュなイメージを表現するため、PowerShotシリーズでは初となる4色(シルバー/ブルーグレー/ブライトグリーン/オレンジ)のカラーバリエーションを用意した。また、ズームレンズを搭載しながらも、記録メディアにSDメモリーカードを採用するなどして、A310よりも11%の小型化を実現している(A310は単焦点レンズを搭載)。

 レンズは45〜100ミリ相当(35ミリフィルムカメラ換算)の光学2.2倍ズームで、1/3.2インチ320万有効画素CCDと同社独自開発の映像処理エンジン「DIGIC」を搭載する。

 搭載するシーンモードは8種類。オートフォーカスは、1点測距AFと9点測距AiAF(A310は5点測距AiAF)を装備する。カメラの縦/横位置を検出するSIセンサー機能や、オートフォーカスに要する時間を短縮するクイック撮影機能、簡単にカメラダイレクトプリントやPCへの転送が行える「イージーダイレクトボタン」なども搭載している。

 PowerShot A400の主な仕様および予想実売価格は以下の通り。

製品名PowerShot A400
撮像素子1/3.2インチ320万有効画素CCD
レンズ光学2.2倍ズームレンズ、焦点距離:45〜100ミリ(35ミリフィルムカメラ換算)、開放F値:F3.8
最大画像サイズ(静止画/動画)2048×1536ドット/640×480ドット
撮影距離約47センチ〜∞(マクロモード時5〜47センチ)
フォーカス9点測距AiAF、1点測距AF
連続撮影1.3枚/秒
記録メディアSDメモリーカード
液晶ディスプレイ1.5インチ(約11.5万画素)
バッテリー単3型電池×2
サイズ(幅×奥行き×高さ)107×36.8×53.4ミリ
重量(本体のみ)約165グラム
価格(予想実売価格)オープン(2万5000円弱)

 PowerShot A95と同A85は同A80同A75(同320万有効画素)の後継モデルで、1/1.8インチ500万有効画素CCDと1/2.7インチ400万有効画素CCDをそれぞれ搭載する(A80は400万有効画素CCD、A75は320万有効画素CCD)。レンズはともに光学3倍ズームで、他の同社製デジカメと同様に映像処理エンジンのDIGICを搭載する。

500万有効画素CCD搭載の「PowerShot A95」と400万画素CCD搭載の「同A85」

 両製品の特徴は、同社製デジカメでは最多となる21通り(A95;A85は19通り)の撮影モードを搭載し、上位機種に匹敵する多彩な撮影機能を利用できること。用意しているシーンモードは8種類(A95;A85は6種類)で、これまでは上位機種だけに搭載されていたオートフォーカス枠を自由に移動できるアクティブフレームコントロール機能が、Aシリーズでは初めてA95にも搭載された。

 PowerShot A95と同A85の主な仕様および予想実売価格は以下の通り。

製品名PowerShot A95PowerShot A85
撮像素子1/1.8インチ500万有効画素CCD1/2.7インチ400万有効画素CCD
レンズ光学3倍ズームレンズ、焦点距離:38〜114ミリ(35ミリフィルムカメラ換算)、開放F値:F2.8〜4.9光学3倍ズームレンズ、焦点距離:35〜105ミリ(同)、開放F値:F2.8〜4.5
最大画像サイズ(静止画/動画)2592×1944ドット/640×480ドット2272×1704ドット/640×480ドット
撮影距離約45センチ〜∞(マクロモード時5〜45センチ)約46センチ〜∞(同5〜46センチ)
フォーカス9点測距AiAF、1点測距AF(中央固定/任意選択)、マニュアル9点測距AiAF、1点測距AF(中央固定)、マニュアル
連続撮影高速約2枚/秒、通常1.5枚/秒約1.5枚/秒
記録メディアコンパクトフラッシュType I
液晶ディスプレイ1.8インチバリアングル(約11.8万画素)1.8インチ(約11.8万画素)
バッテリー単3型電池×4
サイズ(幅×奥行き×高さ)101.1×34.7×64.6ミリ101.1×31.5×64.0ミリ
重量(本体のみ)約235グラム約200グラム
価格(予想実売価格)オープン(4万円弱)オープン(3万5000円弱)
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年07月12日 更新
  1. 「Echo Spot(2024年発売)」はスマートスピーカーでもなければスマートディスプレイでもない! 時計利用にフォーカスした新モデルを試す (2024年07月11日)
  2. 狭い場所でも作業しやすいサンワサプライのペン型マウス「400-MAWBT202」 ChromebookやiPadなどにつないでみた結果 (2024年07月11日)
  3. 実は安い? 正当進化なカラー電子ペーパー端末「BOOX Go Color 7」は、快適な読書体験ができるオススメな1台 (2024年07月10日)
  4. まだ間に合う! Steamで「Steamサマーセール2024」開催中! 最大90%以上オフのタイトルも (2024年07月08日)
  5. OpenWrtがOCNバーチャエルコネクトに対応 格安でドコモ光10Gbps回線が引ける? 実際に試してみた (2024年07月10日)
  6. 新型「Fire TV Stick 4K」と「Fire TV Stick 4K Max」はどちらを選べばいい? ポイントをチェック! (2023年10月13日)
  7. 日本HP社長も愛用のHyperXブランドから新型キーボード/マウス/バックパックが登場! 実機を試して分かったこと (2024年07月12日)
  8. ロジクール、実売6000円台のワイヤレスキーボード+マウスセット (2024年07月11日)
  9. “デスクトップSSD”のメリットとは? 写真の保存に関する不安 (2024年07月11日)
  10. あなたのPCのWindows 10/11の「ライセンス」はどうなっている? 調べる方法をチェック! (2023年10月20日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー