ニュース
» 2004年09月14日 12時00分 公開

“しずく”をイメージした斬新なデザイン──オリンパス、μ DIGITALの新モデル発売

オリンパスは9月14日、“しずく”をイメージした斬新なデザインのコンパクトボディに400万有効画素CCDと光学2倍ズームレンズを搭載したμ DIGITALシリーズの新モデルを10月中旬に発売すると発表した。

[ITmedia]

 オリンパスは9月14日、“しずく”をイメージした斬新なデザインのコンパクトボディに生活防水機能を搭載した400万有効画素2倍ズームデジカメ「μ-mini DIGITAL」を10月中旬に発売すると発表した。

 ボディカラーは、ジュエリーシルバー、ピュアホワイト、コスミックブラック、クリスタルブルー、ベルベットレッド、カッパーオレンジの6色を用意する。価格はオープンで、予想実売価格は3万8000円前後。

柔らかな曲面としっとりとした感触を備えたμ DIGITALシリーズの新モデル「μ-mini DIGITAL」

 同製品の一番の特徴は、新機構の「トップシェルバリア」や、特殊な外装加工および表面加工「スーベリアシルキーフィニッシュ」などにより、曲面加工の難しい金属外装を採用しながらも、つなぎ目の少ない柔らかな曲面と、なめらかでシルクのような感触を実現したこと。

 トップシェルバリアは、電源オンと同時にレンズバリアがカメラの内側に向けて瞬時に開く新技術で、インナーズーム方式以外のデジカメで初めて、光学ズームレンズ搭載機でレンズ部とボディが完全にフラットなデザインを実現した。また、同技術により、起動時間も約1.5秒に高速化した。

レンズ部とボディが完全にフラットなフロントデザイン

 ディスプレイは、従来比約3倍のコントラスト比と上下左右160度の視野角を備え、光の強い屋外でもはっきりと視認できる1.8インチ13万4000画素液晶を搭載する。

ボディ背面には、視認性に優れた1.8インチ13万4000画素液晶を搭載する

 受像素子は、1/2.5インチ400万有効画素CCD。レンズは光学2倍ズームで、3枚の非球面レンズを採用する。また、μ DIGITALシリーズでは初めて多点オートフォーカスを搭載した。

 搭載するシーンモードは14種類。マクロ撮影機能では、撮影距離20〜50センチをカバーするマクロモードと8センチまで寄れるスーパーマクロモードを装備した。

 防水機能では、開口部が必要なマイクとスピーカーを装備しているにも関わらず、JIS保護等級4級相当の生活防水を実現した。さらに、水深3メートル対応の専用防水ケース「CWPC-01」(税込み8400円)もオプションで用意する。

 μ-mini DIGITALの主な仕様は以下の通り。

モデル名 μ-mini DIGITAL
撮像素子 1/2.5インチ400万有効画素CCD
レンズ 光学2倍ズーム、焦点距離35〜70ミリ(35ミリフィルムカメラ換算)、開放F値3.5〜4.9
撮影範囲 50センチ〜∞、20〜50センチ(マクロモード)、8センチ〜(スーパーマクロモード)
最大画像サイズ 2272×1704ドット(静止画)/320×240ドット(動画)
記録メディア xDピクチャーカード
液晶ディスプレイ 1.8インチ13万4000画素
感度 オート、ISO 64/100/200/400相当
フォーカス オートフォーカス(TTLコントラスト検出方式)
撮影モード 14種類
露出補正 ±2EV、ステップ:1/3EV
ホワイトバランス オート、プリセット4種類
バッテリー リチウムイオン充電池
その他 生活防水(JIS 4級相当)
サイズ 95(幅)×27.5(奥行き)×55.5(高さ)ミリ
重量 115グラム(本体のみ)
予想実売価格 3万8000円前後
発売日 10月中旬

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう