ニュース
» 2004年09月22日 19時24分 公開

ロジテック、BOX型NASとLAN接続対応外付けHDDをモデルチェンジ

ロジテックは、企業やSOHO向けBOX型NASとLAN接続対応外付けHDDをモデルチェンジした。それぞれ、容量120/160/250Gバイトの3モデルがある。価格は、BOX型NASは6万3000円から、LAN接続対応外付けHDDは2万6200円から。

[ITmedia]

 ロジテックは、企業やSOHO向けBOX型NASとLAN接続対応外付けHDDをモデルチェンジした。BOX型NAS、LAN接続対応外付けHDDともに、容量120/160/250Gバイトの3モデルがある。

BOX型NASの新モデル「LHD-NASxxxV」シリーズ

 BOX型NASの新モデル「LHD-NASxxxV」は1000BASE-TギガビットLANに対応したほか、流体軸受けドライブの採用、高速CPU(VIA C3 800MHz)と大容量メモリ(256Mバイト)の搭載、IPアドレスやサーバ名などを表示する液晶パネルの搭載、3年間保証などの機能およびサポートの強化が行われた。また、従来製品の「LHD-NASxxx」と比較して、最大ユーザー数は256から2048へ、最大グループ数は64から1024へ、最大共有フォルダ数は32から64へと、それぞれ強化されている。

 BOX型NAS新モデルの型番、容量、価格、発売時期は以下の通り。

型番容量価格発売時期
LHD-NAS250V250Gバイト8万4000円9月下旬
LHD-NAS160V160Gバイト7万3500円
LHD-NAS120V120Gバイト6万3000円

 LAN接続対応外付けHDDの新モデル「LHD-HAxxxLU2」は、一体型アルミボディを採用し、7200rpmの流体軸受ドライブを搭載する。

100BASE-TX & USB2.0デュアル対応外付けHDDの新モデル「LHD-HAxxxLU2」

 XimetaのNDASテクノロジーを採用しており、標準的なファイルサーバで使用されるプロトコルに比べ、より高速にファイルアクセスを行うことができる。付属の専用ドライバ/ツールをインストールすることで、ネットワーク接続された同製品をローカルドライブとして認識・使用することも可能となっている。

 インタフェースは100BASE-TXのほか、USB2.0にも対応する。LAN接続する場合のPC側の対応OSは、Windows XP/2000、Mac OS X 10.2.1以降。

 LAN接続対応外付けHDDの新モデルの型番、容量、価格、発売時期は以下の通り。

型番容量価格発売時期
LHD-HA250LU2250Gバイト3万9800円10月上旬
LHD-HA160LU2160Gバイト2万8300円9月下旬
LHD-HA120LU2120Gバイト2万6200円10月上旬

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.