ニュース
» 2004年10月14日 18時25分 公開

ブラザー、プレカットロール紙採用の感熱式ラベルプリンタ発売

ブラザー工業は、ラベルを1枚単位で無駄なく印刷できる感熱式ラベルプリンタを11月1日に発売する。価格は3万5700円(税込み)。

[ITmedia]

 ブラザー工業は、印刷方式に感熱式を採用したラベルプリンタの新モデル「P-touch QL-550」を11月1日に発売する。価格は3万5700円(税込み)。

感熱式ラベルプリンタ「P-touch QL-550」

 同製品は、あらかじめカットされ、ロール状に巻かれた専用の感熱紙ラベルを使用するため、ラベルを1枚単位で無駄なく印刷することが可能。プレカットラベルは、29×90ミリの宛名ラベル、29×62ミリの宛名ラベル(小)、直径58ミリのCD/DVD用フィルムラベルの3種類。カットされていない感熱紙テープを利用すれば、長尺物のラベルも印刷できる。

 印字ヘッドは720ドット、解像度は300dpiで、新開発の高速印字機構により、最大90ミリ/秒(最高50枚/分:宛名ラベル(小)使用時)の印刷スピードを実現している。感熱紙テープ用にオートカッターを搭載し、専用ラベル編集ソフトを同梱する。

 インタフェースはUSB1.1で、対応OSはWindows XP/2000/Me/98SE。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう