レビュー
» 2004年10月19日 16時00分 公開

単三形電池が使えるコンパクト500万画素機――Optio S50 (3/3)

[市原達也,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

Optio S50、作例

広角側で撮影。空も青いままで日陰の部分もちゃんと描写できている(オリジナル画像はこちら
望遠側で撮影。手持ちで撮影したが、まったくブレなかった。1/2.5インチで500万画素CCD搭載機なので、レンズ解像度が気になったが、色ズレもなくいい描写である(オリジナル画像はこちら
シチュエーションによってはやや緑の色がきれいにでなかった。緑は難しい色だが、もう少し鮮やかにしてもよかっただろう(オリジナル画像はこちら
夜景モードで撮影。被写体にはややノイズがあるが、空にはまったくノイズがない。見た目に近い描写である(オリジナル画像はこちら
フルオートで撮影したが、ほぼ適正値で撮影できている。噴水は逆光で太陽光が当たっていたが、かなり描写できている(オリジナル画像はこちら
前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう