ニュース
» 2004年12月01日 19時35分 公開

3D地図ソフト「MaPivi」にワイド3D描画などの機能を追加――ゼンリン

ゼンリンは、PC用3D地図ソフト「MaPivi」の追加機能ファイル「MaPivi EX」を12月2日より無料公開する。

[ITmedia]

 ゼンリンは、PC用3D地図ソフト「MaPivi」の追加機能ファイル「MaPivi EX」を12月2日18時よりWebページに公開する。ダウンロードは無料。

 同ファイルをインストールすることで、MaPiviで地平線上にある建物や山などの遠くの景色を表示できる「ワイド3D描画」機能や、郵便ポストや信号機、通行人などの3Dオブジェクトを地図上に配置して、思い通りの街並みを再現できる「3Dオブジェクト配置」機能を搭載した。

 また、歩行者の視点から見た風景を表示したり、ルート検索した結果を自動的にスクロールしてシミュレーションすることが可能だ。対応OSは、Windows XP/2000。MaPivi DVD 全国版/CD全国が対象となる。

ワイド3D描画機能

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう