ニュース
» 2004年12月02日 16時40分 公開

バッファロー、ビル間無線アクセスポイント2製品発売

バッファローは、高度なセキュリティシステム構築も可能なビジネス向けビル間無線アクセスポイント2製品2005年1月下旬に発売する。価格は8万3000円から。

[ITmedia]

 バッファローは12月2日、ビジネス向けのビル間無線アクセスポイント「WLM2-A54G54/HA」と「WLM2-G54/HA」を発表、2005年1月下旬より販売を行う。価格は8万3000円から。

photo WLM2-A54G54/HA

 WLM2-A54G54/HAおよびWLM2-G54/HAは、アクセスポイント間通信に強力な暗号化を施すことで、ビル間無線接続なども行えるビジネス向け無線LANアクセスポイント製品。

 WLM2-A54G54/HAは、IEEE802.11a/b/gの同時接続が可能なモデルで、価格は9万3000円。WLM2-G54/HAは、IEEE802.11b/g対応するモデルで、価格は8万3000円。

 双方高度な暗号「AES」に対応し、屋外での無線LAN環境においてセキュリティを保つネットワーク環境構築することが可能となる。別途RADIUS認証ソフト「BAO-RA1X」を導入し管理サーバと連携を行うことで、IEEE802.1X/EAP(MD5/TLS/TTLS/MS-PEAP)による高度な認証システムの構築も可能としている。

 また、PoEの標準規格「IEEE802.3af」にも対応し、オプションのPoE給電装置と組み合わせることにより、PoEによる電源制御も行える。

 本体サイズは195(幅)×169(奥行き)×46(高さ)ミリ、約652グラム、法人向け保守サービス「BUFFALO Care」対象製品となっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう