ニュース
» 2004年12月13日 18時11分 公開

富士ゼロックスPS、PowerPC G3/600MHzを採用し、カラー出力35PPMを実現する高速カラーレーザープリンタ

富士ゼロックスPSは、高画質カラーレーザープリンタ「DocuPrint」シリーズの新製品4機種を、2005年1月18日より順次発売する。

[ITmedia]

 富士ゼロックスプリンティングシステムズは12月13日、カラー連続印刷速度毎分35枚を実現する「DocuPrint C3540」など、高画質カラーレーザープリンタ「DocuPrint」シリーズに新ラインアップ4機種の追加を発表、2005年1月18日より順次発売する。

 ラインアップは、A3出力/毎分35枚印刷対応の「DocuPrint C3540」、A3出力/毎分31枚印刷対応の「DocuPrint C3140」、A3出力/毎分24枚印刷対応の「DocuPrint C2424」、A4出力/標準価格で9万円台を実現する「DocuPrint C525 A」。

 主な仕様と価格は以下の通り。

商品名カラー連続印刷速度カラー両面印刷速度モノクロ連続印刷速度モノクロ両面印刷速度最大解像度給紙枚数(標準/最大)発売日標準価格(税別)
DocuPrint C3540毎分35枚毎分45枚1200dpi660枚/3480枚2005年2月21日54万8000円
DocuPrint C3540 TD毎分28枚毎分36枚61万8000円
DocuPrint C3140毎分31枚毎分40枚44万8000円
DocuPrint C3540 TD毎分17枚毎分22枚51万8000円
DocuPrint C2424毎分24枚毎分24枚1200dpi740枚/2420枚2005年1月18日29万8000円
DocuPrint C525 A毎分5枚毎分25枚600dpi200枚/950枚9万9800円

 DocuPrint C3540/C3140は、A3出力、毎分35枚(C3540の場合)のカラー印刷に対応するカラーレーザープリンタで、データ処理用プロセッサにPowerPC G3/600MHzを採用する。

 また、PCとプリンタ間の通信経路をSSL暗号化を施し、印刷データの盗み見を防止する機能、別売ソフト「Trust Marking Basic」と組み合わせて、隠し文字が含まれたプリントパターンを埋め込んで複写を防ぐ「隠し文字印刷機能」など情報漏えいの抑止するセキュリティ機能などが搭載される。

 本体サイズは632(幅)×493(高さ)×717(奥行き)ミリ、重量約91キロ。消費電力は最大1320ワット、スリープモード時約8ワット以下。

photo DocuPrint C3540/C3140

 DocuPrint C2424は、省エネ型高速定着器「Free Belt Nip Fuser」によりウォームアップ時間を30秒以下、1枚めを印刷する時間をカラー印刷で約11秒へと短縮させる高速ファーストプリントなどが特徴となっている。

 本体サイズは、678(幅)×473(高さ)×631(奥行き)ミリ、重量約60.6キロ。消費電力は最大999ワット、スリープモード時で5ワット以下。

photo DocuPrint C2424

 DocuPrint C525 Aは、カセット部などが突出しないトレイ収納タイプとすることで、425(幅)×422(奥行き)ミリというコンパクトな筐体デザインが特徴で、新開発の4サイクル印刷エンジンの搭載により、モノクロ印刷速度は毎分25枚、カラー印刷は毎分5枚を実現する。

 本体サイズは、425(幅)×437(高さ)×422(奥行き)ミリ、重量約28キロ。消費電力は最大880ワット、スリープモード時で7ワット以下。

photo DocuPrint C525 A

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう