速報
» 2004年12月21日 13時26分 公開

Cornice、「衝撃に強い」3Gバイトの1インチHDD発表へ

かつてない耐衝撃性を備えた1インチハードディスクがCorniceから登場する。容量は3Gバイトを予定。

[IDG Japan]
IDG

 Corniceは1インチ「Storage Element」ドライブの家電製品向け新製品を2005年初めにリリースする予定だ。

 この新モデルは3Gバイトの容量で、既存の1Gバイト、1.5Gバイト、2Gバイトモデルよりも大容量で、落下などへの耐衝撃性を改善しているという。1月のCES展示会で正式に披露される予定。

 Corniceの小型ハードディスクは現在、SONY、Philips Electronicsが音楽プレーヤーに、Samsungが携帯電話に採用している。

 ドライブの読み書きアームを非使用時には固定しておくための小さなラッチを備えているため、ドライブを落としても、データの損失やドライブが使用不可になることを防止することができるという。Corniceはこのラッチシステムを「crash guard」と呼んでおり、他社がこれまでに採用した手法よりも優れていると主張している。

 「これまではラップトップの従来型ドライブを取り出し、激しく動かすと問題が起きていた」とCorniceマーケティング担当副社長のデビッド・フェラー氏。同氏によれば、PC市場向けのハードディスクドライブには、家電で使われるときのさまざまな衝撃に耐えられるだけの対策が施されていないという。

 「これはまったく新しいものだ。以前はデザイナーに対してデバイスの角を丸くしろとか外側にゴムを付けてとか指示しなければならなかったが、このドライブならば落下することを心配しなくていい」とフェラー氏は話す。

 新製品おサンプル出荷は10月に開始されており、商用生産は2005年第1四半期の中頃に開始される予定だという。

 「たくさんの顧客が待っている」とフェラー氏。CESかCeBITの3Gバイト立ち上げ発表時までには多くの製品が登場するだろうと同氏は予想している。

Copyright(C) IDG Japan, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう