ニュース
» 2005年03月01日 19時41分 公開

松下電器、ダブル液晶搭載のビジネス向けデスクトップ

松下電器は、回転機構付きの15インチ液晶を2基搭載したビジネス向けデスクトップ「CF-82」シリーズを発表した。価格は28万円前後。

[ITmedia]

 松下電器は、15インチ液晶を2基搭載したビジネス向けデスクトップ「CF-82」シリーズを発表した。価格はオープン、予想実売価格は28万円前後より(税込み)。

photo CF-82シリーズ

 CF-82シリーズは、回転機構を備えた1024×768ドット(XGA)表示対応の15インチ液晶ディスプレイを2基備えたコンパクトデスクトップPCで、2002年に発表された「CF-82 AQS」シリーズの後継となるモデル。液晶を回転して縦横を自由に切り替えられるほか、複数の可動部を持つアームを装備することにより、2画面を対面にするといった自在なセッティングが可能となっている。

 搭載するCPUと光学ドライブにより計3モデルをラインアップする。「CF-82K5NDXS」は、CPUにCeleron D 330(2.66GHz)を採用、光学ドライブを未搭載とするモデル。「CF-82K5AXS」は、CPUにCeleron D 330(2.66GHz)、光学ドライブにCD-ROMドライブを搭載するモデル。「CF-82K1AXS」はCPUにPentium 4 2.80GHz、光学ドライブにCD-ROMドライブを搭載するモデルとなっている。メモリはいずれもDDR SDRAMを256Mバイト、HDDは40Gバイトを内蔵する。

 また、液晶ディスプレイをシングル構成としたモデル「CF-82J1AXS」「CF-82J5AXS」「CF-82J5XES」の3機種も同時に発売される。

 本体サイズは717(幅)×200(奥行き)×333(高さ)ミリ、重量は約10.8キロ(CF-82K5NDXS)〜約11.2キロ(CF-82K1AXS)。OSとしてWindows XP Professional SP2をプリインストールする。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう