「“あれ”をゲットできなきゃ売らん」と、RPG的雰囲気醸し出すマニア向けマザー入荷週末アキバPick UP!(2/4 ページ)

» 2005年03月05日 00時00分 公開
[古田雄介(アバンギャルド)&ITmediaアキバ取材班,ITmedia]

内蔵ドライブをUSB2.0外付け化できる1000円台激安アダプタ

 今週木曜、アキバ各ショップにainex製IDE−USB2.0変換アダプタ「CVT-02」が入荷していた。価格は1500円前後で、在庫は潤沢。

photo ainex「CVT-02」

 CVT-02は、IDE接続のHDDや光学ドライブをUSB2.0外付け化できるようにするパーツだ。アダプタそのものはバスパワー駆動が可能、接続するデバイスには別途電源コネクタを接続して使用する。(編集部注:初出時「USBバスパワー駆動に対応し、外部電力なしに利用でき」とありましたが、正しくは上記の通りでした。お詫びして訂正いたします)

 ただし、搭載するブリッジチップは「GENESYS GL811」というやや古めのもので、BigDrive対応ではない。このため、HDDを接続する場合は事実上120Gバイトまでに限られる。

 IDE−USB変換アダプタは、これまでサイバユーグランド「男組USB2.0 SD-U2AD-FULL」(実売価格2500円前後)が最も安価だった。それと比べても約1000円ほども安く、この価格であれば試してみようとも思えてくる。

 某ショップは「ainexはBigDrive対応製品もリリースする予定があるようですが、その際は2000円台後半になるみたいですね。しかし、光学ドライブを接続するのであれば、CVT-02でまったく問題なさそうです。安いベアドライブとこれの組み合わせにより、例えば1スピンドルノートPCユーザーにはかなり重宝しそうなパーツではないでしょうか」と話す。

製品ainex「CVT-02」
入荷ショップ
高速電脳 1554円
PCパーツショップ・CUSTOM 1580円

1.8インチHDD用モバイルケースがちょっと人気

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年07月13日 更新
  1. 「Echo Spot(2024年発売)」はスマートスピーカーでもなければスマートディスプレイでもない! 時計利用にフォーカスした新モデルを試す (2024年07月11日)
  2. 狭い場所でも作業しやすいサンワサプライのペン型マウス「400-MAWBT202」 ChromebookやiPadなどにつないでみた結果 (2024年07月11日)
  3. 日本HP社長も愛用のHyperXブランドから新型キーボード/マウス/バックパックが登場! 実機を試して分かったこと (2024年07月12日)
  4. “デスクトップSSD”のメリットとは? 写真の保存に関する不安 (2024年07月11日)
  5. GPUの「レイトレーシング処理」改良の歴史をひもとく【GeForce RTX 30シリーズ編】 (2024年07月12日)
  6. 実は安い? 正当進化なカラー電子ペーパー端末「BOOX Go Color 7」は、快適な読書体験ができるオススメな1台 (2024年07月10日)
  7. 新型「Fire TV Stick 4K」と「Fire TV Stick 4K Max」はどちらを選べばいい? ポイントをチェック! (2023年10月13日)
  8. まだ間に合う! Steamで「Steamサマーセール2024」開催中! 最大90%以上オフのタイトルも (2024年07月08日)
  9. ロジクール、実売6000円台のワイヤレスキーボード+マウスセット (2024年07月11日)
  10. あなたのPCのWindows 10/11の「ライセンス」はどうなっている? 調べる方法をチェック! (2023年10月20日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー