ニュース
» 2005年03月14日 12時10分 公開

IBM、「手ぶれ防止機能」搭載マウスアダプタ

IBMは、多くの“手が震える症状”を持つユーザー向けのマウスアダプターを開発した。これには、デジカメの一部機種に搭載されている「手ぶれ防止機能」とほぼ同様の装置が備わっているという。

[ITmedia]

 IBMは3月14日(英国現地時間)、手が震える症状を持つユーザー向けのマウスアダプタを開発した。英Montrose Secam Limited社にライセンス提供し、Assistive Mouse Adapterという製品名にて発売される。価格は100USドル以下の予定。

photo Assistive Mouse Adapter

 このマウスアダプタは、主にはっきりした原因がなく手が震える症状――本態性振戦――が見られるユーザー向けに開発された。

 International Essential Tremor Foundation(IETF)によると、米国だけでも1000万人近くの人がこの症状に悩んでという。マウス使用時に無意識に手が動いてしまい、画面上のカーソルの動きが不安定になってしまう。そのため、メール開封やツールバー上のボタンを押すといった動作も困難となる。

 Assistive Mouse Adapterには、デジタルカメラ製品の一部に採用される「手ぶれ防止機能」と同様の装置により、震えを伝達しないような機能が備わる。マウスを接続可能なほぼすべてのPCやOSで使用可能で、機能オン/オフスイッチ、震えの度合いによる感度調整機能、意志に反して行われたクリックを無視するといった調整が行える。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう