ニュース
» 2005年03月17日 17時02分 公開

バッファロー、USB接続のセパレートテンキー4製品

バッファロー、USB接続のセパレートテンキー「BTK-U01」「BTK-U2H01」、および電卓型のテンキー「BTK-UD01」「BTK-UDM01」の計4製品を発表した。

[ITmedia]

 バッファローは3月17日、USB接続のセパレートテンキー「BTK-U01」「BTK-U2H01」、および電卓型のテンキー「BTK-UD01」「BTK-UDM01」の計4製品を発表、4月上旬より順次発売する。価格は、BTK-U01が1980円、BTK-U2H01が3320円、BTK-UD01が3320円、BTK-UDM01が2380円。

photo BTK-U01/BTK-U2H01 デザインは両機種共通。カラーリングはシルバーとブラックを用意する

 BTK-U01およびBTK-U2H01は、USB接続対応のセパレートテンキー。デスクトップキーボードと同様のキーを使用、キーピッチは19ミリとなっている。また、BTK-U2H01はUSB2.0対応ハブを2ポート装備している。本体サイズはいずれも89(幅)×138(奥行き)×16(高さ)ミリ。

photo BTK-UD01(左)、BTK-UDM01(右) カラーリングはシルバーとブラックを用意する

 BTK-UD01およびBTK-UDM01は、電卓機能を内蔵したUSB接続セパレートテンキーで、ソーラー電池を内蔵し通常の電卓としても使用可能となっている。本体サイズはBTK-UD01が116(幅)×178(奥行き)×33(高さ)ミリ、BTK-UDM01が72(幅)×123(奥行き)×15.9(高さ)ミリ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう