ニュース
» 2005年03月29日 13時49分 公開

テック、回転リール型USBハブとUSB扇風機を発表

テックは、巻き取り式ケーブルを採用したUSBハブ、およびスタイリッシュなデザインのライト内蔵USB扇風機の2製品を発表した。

[ITmedia]

 テックは3月29日、巻き取り式ケーブルを採用したUSBハブ「USBハブホイールW」、およびスタイリッシュなデザインのUSB扇風「USBセンプーキミストW」の2製品を発表、同社新ブランド「Boynq」製品として4月中旬より発売する。価格はオープン、予想実売価格はUSBハブホイールWが2500円、USBセンプーキミストWが2100円。

photo USBハブホイールW

 USBハブホイールWは、USB2.0に対応する4ポート内蔵USBハブ。ケーブル部分は手巻き式ケーブルとなっており、パネル部を回転させることにより巻き取りが可能となっている。本体サイズは93(幅)×35(奥行き)×87(高さ)ミリ、重量は90グラム。対応OSはWindows 98以降、MacOS 8.6以降上 (一部例外有) 。

photo USBセンプーキミストW

 USBセンプーキミストWは、USBバスパワーで動作するUSB扇風機で、回転翼中心のロゴプレートにはバックライトを内蔵する。スタンド部は自在に曲げることが可能なワイヤー式になっており、自由な形で設置をすることが可能。また羽部は触っても怪我をしない軟質素材となっている。本体サイズは400(幅)×28(奥行き)×887(高さ)ミリ(スタンド部含む)、重量は60グラム。対応OSはWindows 98以降、MacOS 8.6以降上 (一部例外有) 。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう