“将軍”が目醒めたアキバ――おそらく最強と謳う巨大CPUクーラー登場週末アキバPick UP!(1/4 ページ)

» 2005年04月01日 17時43分 公開
[古田雄介(アバンギャルド)&ITmediaアキバ取材班,ITmedia]

CPUクーラー界の“将軍”登場、12センチファン搭載の巨大CPUクーラー

 調査当日の金曜、岡谷エレクトロニクス製CPUクーラー「将軍」がアキバ各ショップに入荷した。価格は7000円前後で、在庫はやや少数だ。

photo 岡谷エレクトロニクス「将軍」

 将軍は、12センチファンと巨大なヒートシンクを組み合わせたCPUクーラーだ。ファンレスクーラーとして現在も高い人気を誇る「NCU-2005」のデザインを踏襲しつつ、内部に曲げ加工のO字型ヒートレーンを採用。加えて、12センチファンを搭載し、フィンの間隔を狭めたことによる枚数増加効果により、かなりの冷却性能を得たという。対応システムは、mPGAt478とLGA775のPentium 4環境、Socket 754/939/949のAthlon 64環境。

photo NCU-2005の改良版ヒートシンクに12センチファンが付いた、この巨大さ

 入荷したパソコンショップ・アークは「NCU-2005と比べ、フィン数は増えていますが、ファンを含めた総重量が505グラムに抑えられており、この巨大さにしては軽めです。もちろんフィン数増加は表面積も増加するので、単体ヒートシンクとしての性能も上がっていることでしょう。性能重視のユーザーで、ケースにきちんと入れられるのであれば、これ“買い”ですよね」という。

製品岡谷エレクトロニクス「将軍」
入荷ショップ
高速電脳 6760円
パソコンショップ・アーク 6880円

“PC録画派”のためのカノプ製X800XLグラフィックスカード登場

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年07月13日 更新
  1. 「Echo Spot(2024年発売)」はスマートスピーカーでもなければスマートディスプレイでもない! 時計利用にフォーカスした新モデルを試す (2024年07月11日)
  2. 狭い場所でも作業しやすいサンワサプライのペン型マウス「400-MAWBT202」 ChromebookやiPadなどにつないでみた結果 (2024年07月11日)
  3. 日本HP社長も愛用のHyperXブランドから新型キーボード/マウス/バックパックが登場! 実機を試して分かったこと (2024年07月12日)
  4. GPUの「レイトレーシング処理」改良の歴史をひもとく【GeForce RTX 30シリーズ編】 (2024年07月12日)
  5. 新型「Fire TV Stick 4K」と「Fire TV Stick 4K Max」はどちらを選べばいい? ポイントをチェック! (2023年10月13日)
  6. “デスクトップSSD”のメリットとは? 写真の保存に関する不安 (2024年07月11日)
  7. 実は安い? 正当進化なカラー電子ペーパー端末「BOOX Go Color 7」は、快適な読書体験ができるオススメな1台 (2024年07月10日)
  8. まだ間に合う! Steamで「Steamサマーセール2024」開催中! 最大90%以上オフのタイトルも (2024年07月08日)
  9. あなたのPCのWindows 10/11の「ライセンス」はどうなっている? 調べる方法をチェック! (2023年10月20日)
  10. ロジクール、実売6000円台のワイヤレスキーボード+マウスセット (2024年07月11日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー