1000円台で手軽にUSB化――IDE−USB変換アダプタ「CVT-02」を試す週末アキバPick UP!レビュー(1/2 ページ)

» 2005年04月07日 19時03分 公開
[古田雄介(アバンギャルド)&ITmediaアキバ取材班,ITmedia]

 ainex「CVT-02」は、ブリッジチップに「GENESYS GL811」を搭載するIDE−USB2.0変換アダプタである。例えばベアHDDのIDEポートにCVT-02を接続し、そのままUSB2.0デバイスにすると言ったことが手軽に行えるようになるものだ。

photo ainex「CVT-02」

 なお、自身の電力はUSBバスパワーでまかなわれるが、接続する内蔵デバイスには通常通りの電力供給が必要となる。

 設置方法もシンプルで本体をそのままIDEポートに接続するだけ。HDDや光学ドライブを増設したいが、IDEポートは埋まっている(あるいは使いたくない)、でもUSBは空いているといったユーザーであれば、いっそのこと“内蔵用”として使ってみてもいいかもしれない。

photo そのままIDEポートに差し込むだけ
photo 3.5インチHDDに装着。やや上下がはみ出るが、このあたりは気にしない
photo 5インチ光学ドライブに装着するとこのような感じ

問題は「BigDrive」の壁だが……

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年07月13日 更新
  1. 「Echo Spot(2024年発売)」はスマートスピーカーでもなければスマートディスプレイでもない! 時計利用にフォーカスした新モデルを試す (2024年07月11日)
  2. 狭い場所でも作業しやすいサンワサプライのペン型マウス「400-MAWBT202」 ChromebookやiPadなどにつないでみた結果 (2024年07月11日)
  3. 日本HP社長も愛用のHyperXブランドから新型キーボード/マウス/バックパックが登場! 実機を試して分かったこと (2024年07月12日)
  4. “デスクトップSSD”のメリットとは? 写真の保存に関する不安 (2024年07月11日)
  5. GPUの「レイトレーシング処理」改良の歴史をひもとく【GeForce RTX 30シリーズ編】 (2024年07月12日)
  6. 実は安い? 正当進化なカラー電子ペーパー端末「BOOX Go Color 7」は、快適な読書体験ができるオススメな1台 (2024年07月10日)
  7. 新型「Fire TV Stick 4K」と「Fire TV Stick 4K Max」はどちらを選べばいい? ポイントをチェック! (2023年10月13日)
  8. まだ間に合う! Steamで「Steamサマーセール2024」開催中! 最大90%以上オフのタイトルも (2024年07月08日)
  9. ロジクール、実売6000円台のワイヤレスキーボード+マウスセット (2024年07月11日)
  10. あなたのPCのWindows 10/11の「ライセンス」はどうなっている? 調べる方法をチェック! (2023年10月20日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー