Special
» 2005年05月06日 00時00分 公開

PC USERが斬る!:第7回 直販PC市場に斬り込む日本HP――PDA編 (1/3)

 本連載では、日本ヒューレット・パッカード(HP)が特に力を入れている直販PCについて見てきたが、同社の直販チャンネルHP Directplusでは、ノートブックPCやデスクトップPCのほかにも、さまざまな製品が購入可能だ。個人向けのページでは、タブレットPCやPDA、世界シェアNo.1のインクジェットプリンタや複合機、そしてプロジェクタといった製品もラインアップされている。今回は、それらの中で最も小型なPCであるHP iPAQ Pocket PCシリーズと名づけられたPDA(Personal Digital Assistant)を見ていこう。

[PC USER]
Photo バラエティーに富んだHPのPDA製品iPAQシリーズ。現在は全5モデルで構成されており、エントリーモデルを除き、すべてのモデルでIEEE802.11bの無線LANとBluetooth機能を搭載しているのが特徴だ

PDAに対する造詣が深いHP

PCUSER

 そもそも、HPは1992年にアップルコンピュータがNewton MessagePadを引っさげてPDAの概念を提唱する前から、この手のPIM製品を世に出しており、造詣が深い。ベテランユーザーの中には、DOSベースのPIM製品として高い人気を集めたHP 200LXに、深い思い入れを持っている人もいるだろう。さらにさかのぼれば、関数電卓や金融電卓などでお世話になった人も多いはずだ(米国では今でも発売しているが、日本では2002年に自社製電卓の発売を終えた)。

 話が横道にそれてしまったが、電卓やパームトップコンピュータ、そしてPDAと形を変えつつも、同社の小型端末への情熱は絶えることなく今でも続いており、下の写真にもあるようにさまざまな製品が投入されている。

 かつてPDAといえば、OS別にPalm、Windows CE、独自仕様のZaurusと選択肢は豊富だった。ところが、Palm Computing(現PalmOneとPalmSource)が2002年に日本を撤退、今年2月にはソニーが自社製PDAのCLIEシリーズの新機種投入終了をアナウンスするなど、残念ながらPDAを巡るニュースは明るくないのが現状だ。Zaurusシリーズにもかつての勢いはないが、このような状況下で、HPは2004年のPDA市場において日本国内およびワールドワイドともに出荷台数ベースでシェア1位と気を吐いており(Windows OS搭載PDAとして/IDC調べ)、孤軍奮闘ぶりが際立つ。

Photo HPとコンパックコンピュータが日本でこれまでに発売してきたPDA製品をまとめた図。2002年に両社は合併しているが、合併後はHPのJornadaがなくなり、コンパックコンピュータのiPAQブランドに統一された(資料提供:日本HP)

 ところで今の日本では、PDAを多くの人が携帯電話で代用していることだろう。個人用の携帯情報端末として、これほど普及している製品はほかに見あたらない。しかし、いくら携帯電話が多機能になったとはいえ、住所録はともかく、スケジュールの管理やメモなどのPIM機能は未だに貧弱で、PC上のデータはもちろん、メールの添付ファイルが開けなかったりと、何かと不便で制約が多く、まだまだPDAにかなわない部分もある。

 ことパソコンとのデータ連携を考えた場合、Windows搭載PCとの連携を前提として開発されたPocket PC搭載PDAならば、手軽にパソコンのデータを持ち運びできる。特にOutlookをはじめとしたMicrosoft Officeアプリケーション製品(Word/Excelなど)との親和性は高く、日本で人気の高いシャープのZaurusシリーズや、ソニーのCLIEシリーズに対する大きなアドバンテージとなっている。また、Webの閲覧をはじめ、前述のビジネスアプリケーションだけでなく、動画や制止画といったエンターテインメント系のデータも楽しめる、マルチビュワーとしての役割も見逃せないところだ。PCに接続されたクレードルにPDAを置くだけでデータを同期してくれる手軽さも、Pocket PCならではメリットといえるだろう。

Photo 製品に付属するUSB接続のクレードル(一部の製品はUSBケーブル)にPDAを置くだけで、PC内のデータと同期を行なえる手軽さが、Pocket PCの大きな魅力だ。会社などでOutlookを使っている(使わざるをえない!?)ユーザーは、ぜひ一度試してもらいたい

最近のPDAはここまでできる

 マイクロソフトのPDA向け最新OSは、昨年9月にリリースされたWindows Mobile 2003 Second Edition software for Pocket PC 日本語版だ。前バージョンからの主な強化点は、640×480/480×640ドットの画面表示のネイティブサポートや横長(ランドスケープ)画面の対応のほか、無線LANのセキュリティ強化(WPAのサポート)、Pocket Internet Explorerの横一列表示機能の装備などが挙げられる。

 HPの現行モデルはすべてこのOSを採用しており、最上位モデルのhx4700では上記の機能をすべてサポートしている。ラインアップの詳細は次項に譲るが、120gの軽量モデルをはじめとして、指紋認証機能を内蔵してセキュリティー機能を重視したモデル、さらにはデジカメ機能やWMA/WMVのネットワーク再生が行なえるモデルまで多彩な顔ぶれを誇る。

 ここでは画面キャプチャーを中心に、最新Pocket PCの充実したビュワー機能を見ていきたい。もちろん、HP iPAQ Pocket PCシリーズならではの特徴・機能もあわせて紹介しよう。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう