ニュース
» 2005年05月09日 16時53分 公開

東芝からコストパフォーマンス重視の「dynabook VX/570LS」「dynabook TX/550LS」発表

東芝はdynabook VX、同TXの新製品を発表した。実売予想価格はdynabook VX/570LSで20万円前後、dynabook TX/550LSで18万円前後。出荷開始はどちらも5月下旬の予定。

[ITmedia]

 東芝はdynabook VX、同TXの新製品を発表した。実売予想価格はdynabook VX/570LSで20万円前後、dynabook TX/550LSで18万円前後。出荷開始はどちらも5月下旬の予定。

dynabook VX/570LS

dynabook TX/550LS

 15.4インチのワイド液晶ディスプレイを搭載したdynabook VX/570LSは従来モデルから標準搭載のメモリ容量が512Mバイトに、HDDの容量も100Gバイトと増えている。そのほかの主要なスペックは従来のまま。CPUはPentium M 730、チップセットはIntel 915GMを採用。内蔵する光学ドライブとして2層式DVD+Rに対応したDVDスーパーマルチドライブを搭載する。

 dynabook TXは新デザインの筐体を採用。スペックも、CPUにCeleron M 360(動作クロック1.40GHz)、 チップセットがIntel 910GL、メモリもPC2700/512Mバイト、HDD容量が100Gバイトと、ほとんどのパーツがアップグレードしている。

製品名dynabook VXdynabook TX
型番dynabook VX/570LSdynabook TX/550LS
CPUPentium M 730(1.60GHz)Celeron M 360(1.40GHz)
メモリPC2700/512Mバイト(最大2Gバイト)
HDD100Gバイト
グラフィックスIntel 915GM内蔵Intel 910GML内蔵
光学ドライブDL対応DVDスーパーマルチ
ディスプレイ15.4インチワイド (1280×768ドット)15インチ液晶(1024×768ドット)
無線LANIEEE802.11b/g
カードスロットPCカードTypeII×1、5in1メモリカードスロット
主なインタフェース・付属品USB2.0×4、IEEE1394×1
OSWindows XP Home Edition SP2
バッテリー駆動時間約3時間約2.5時間
本体サイズ幅360×奥行き268.5×厚さ29〜36.2ミリ幅338×奥行き280×厚さ29.7〜36.9ミリ
重量約3.0キロ
実売予想価格20万円前後18万円前後
出荷開始5月中旬

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう