ニュース
» 2005年05月17日 19時00分 公開

最後の大物台湾ベンダー「Foxconn」日本上陸

台湾の大手PCバーツベンダー「Foxconn」が日本のPCパーツ市場に自社ブランドで参入する。日本側の輸入総代理店はユニスター、販売代理店はユニティウィンズが担当。説明会では次期ノートPCプラットフォーム「Napa」チップセット名もさりげなく登場した

[長浜和也,ITmedia]

 FoxconnはOEM向けコネクタ製造では世界トップクラスのOEMメーカー。LGA775搭載マザーのCPUソケットに「Foxconn」と刻印されているのを目にしているユーザーも多いと思う。

 日本市場では、長らくOEMとして製品を供給してきた同社だが、2003年からは自社ブランド「Foxconn」のリテール販売を欧米や中国で開始。現在マザーボードの出荷数ではASUSに次いで第2位、デスクトップPCベアボーンでは第1位のシェアを占めている。

 Foxconnが扱う製品はマザーボード、クーラーユニット、デスクトップベアボーン、ノートPCベアボーンなど多岐にわたるが、日本では第一段階として、マザーボードの取り扱いから開始する。まずは、日本におけるFoxconnブランドの知名度を高め、それからほかのジャンルの取り扱いを開始する計画だ。

 ユニスター代表取締役社長の齋藤聡氏は「現在、日本のマザーボード市場は上位3社が75%を占める寡占状態。Foxconnは“高品質の製品を安く提供する”ことで、この1年で上位3社に食い込んでいく」と、当面の目標を明らかにした。

説明会の会場に展示されていたFoxconnの製品。nForce4 Proを搭載したOpteronマザー「WinFast NFPIK8AA-8EKRS」 WinfastはAMD向けマザーに使われるブランド

最新(というより公式発表前)のIntel 955X搭載マザー「955X7AA-8EKRS2」 スペック表を見るとFSB1066MHz、DDR2-667に対応する

こちらも最新(やはり公式発表前)のIntel 845P搭載マザー「945P7AA-8EKRS2」 サウスブリッジにICH7Rを組み合わせている

コロコロとしたかわいいデザインの「e-bot」(上)はSiS661FXマザーを組み込んだキューブタイプベアボーンキット。日本のユーザーにも受け入れられそうなデザインのミニベアボーンキットの「Tuckaway」など、多くのデスクトップベアボーンキットやノートPCも展示されていたが、日本市場の投入時期はすべて未定

Foxconnが説明会で示したノートPCベアボーンのロードマップ。2006年から「Napa」プラットフォームを採用したベアボーンキットを投入する予定。スライドにはNapaのチップセットとして「Intel 955XM」「Intel 945PM」(925は945の間違いか)「Intel 945GM」「Intel 940GL」という名称が記載されている

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう