ニュース
» 2005年05月20日 19時02分 公開

エルザ、1台のPCを共有できるシンクライアント発売へ

エルザジャパンは、Windows XP搭載コンピュータ1台をホストPCとし、LAN接続により個別クライアントとして機能するシンクライアントターミナルユニットを6月上旬より発売する。価格は2万6000円前後。

[ITmedia]

 エルザジャパンは5月20日、最大5台まで接続可能なターミナルユニット「ELSA nX-STATION L100」を発表、2005年6月上旬より発売する。価格はオープンプライス、予想実売価格は2万6000円前後。

photo LSA nX-STATION L100

 nX-STATION L100は、ホストPCへのリモートアクセス操作を可能とするUltra Thin Multi-Access(UTMA)ネットワークデバイスで、ディスプレイ・LAN・サウンド・キーボード&マウス入力インタフェースを備える。

 CPU、HDD、メモリなどPC起動に必要なデバイスや機能、およびアプリケーション実行・データ保存・ほか処理/演算はホストPC側にてまかない、ネットワーク接続されたクライアントターミナルユニットにて、キー&マウス操作・画面表示・音再生などが行える仕組みとなっている。ホストPC1台に対して最大5台までの同機接続が可能。家庭内での利用や、小規模オフィスなどに対して低コストでPCを共有できるメリットが挙げられる。

photo 接続イメージ

 ホストPC側の対応OSはWindows XP(将来、Linux対応も予定)。クライアント側の最大表示解像度・色数は1280×1024ドット/16ビットカラー。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう