ニュース
» 2005年05月27日 11時00分 公開

CPU、チップセット:インテル製デュアルコアCPUと対応チップセットが正式発表

インテルはデュアルコアCPU「Pentium D」と対応チップセット「Intel 945P」「Intel 945G」を正式に発表した。出荷開始は5月27日から。

[ITmedia]

Pentium D

 今回発表されたPentium Dは「Pentium D 840」「同830」「同820」の3製品。動作クロックはPentium D 840が3.20GHz、以下Pentiu D 830が3GHz、同820が2.80GHz。1000個ロット出荷時における単価はそれぞれ、500ドル、300ドル、250ドル。

 いずれもFSB800MHzでコアあたりのL2キャッシュ容量は1Mバイト。Pentium 4 600番台でサポートされたEM64T、エグゼキュート・ディスエーブル・ビットに対応し、Pentium D 840と同830は拡張版SpeedStepも組み込まれている。SpeedStepのクロックステップは3.2GHz(830は3.0GHz)と2.8GHzの2段階。ただし、ハイパー・スレッディング・テクノロジーには対応しない。

Intel 945ファミリー

 Pentium Dに対応するチップセットとして登場するのがIntel 945ファミリー。グラフィックス機能を統合したIntel 945Gと統合しないIntel 945Pの2モデルが用意されている。

Intel 945Gの構成。Intel 945PはIntel GMA950がないだけで、あとは同じ構成

 ともに、FSB1066MHz、DDR2-667に対応。サウスブリッジとして組み合わされるICH7では転送速度が高速になったSerial ATA 3Gビット/秒をサポートし、PCI Express x1も6スロットまで実装できるようになった。

 また、ICH7の上位バージョンであるICH7Rに組み込まれたインテル・マトリックス・ストレージ・テクノロジが改良され、従来のRAID 0、1に加えてRAID 5、10もサポートする。

 Intel 945Gに統合されたグラフィックスコアは従来のIntel GMA 900の性能を強化した「Intel GMA 950」に変更。インテルの資料では、コアクロックが400MHzに引き上げられ、DDR2-667や改良されたレンダリングエンジンの採用によって、3DMark05ではIntel GMA 900の2倍、3DMark03で20%の性能向上を実現している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう