ニュース
» 2005年05月27日 18時40分 公開

電源ユニット:リンクス、Coolergiant製の多用途電源「CGL-590AH/660AH」

リンクスインターナショナルは、ATX&BTX用12V、およびEEB/CEB用のEPS12Vなどに対応するCoolergiant製汎用電源ユニット2製品を発売する。価格は1万9800円前後より。

[ITmedia]

 リンクスインターナショナルは5月27日、ATX&BTX用12V、およびEEB/CEB用のEPS12Vなどに対応する、Coolergiant製電源ユニット「CGL-590AH」「同660AH」を発表、6月1日より発売する。価格はオープン、予想実売価格はCGL-590AHが1万9800円、同660AHが2万4800円(いずれも税込み)。

photo CGL-590AH

 CGL-590AHおよび同 660AHは、ATX/BTX対応12V規格、EEB/CEB専用のEPS12V規格をサポートし、デスクトップPC/サーバ/WSに対応する汎用電源ユニットで、出力はCGL-590AHが535ワット、同 660AHが600ワットとなっている。Serial ATA用電源コネクタ×4を備えるほか、グラフィックスカード供給用の電源コネクタ×2が利用できる。

 12V出力を2系統に分離することで、ノイズに敏感な機器への安定した電源供給が可能となっている。また、定格を越える電圧/電流発生時にシステムを保護するラッチモードや、電源ユニットの破損を防ぐ保護回路を多重搭載している。

 冷却装置として電源前面と背面に一つずつ、計2基のファンを搭載。ファンコントロール機能を搭載しており、自動調節およびつまみによる手動コントロールが可能となっている。

 本体サイズは150(幅)×140(奥行き)×86(高さ)ミリ、重量は2キロ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう