ニュース
» 2005年05月31日 17時40分 公開

日立マクセル、8倍速記録対応のデータ用DVD+RWメディア

日立マクセルは、新開発の相変化記録膜を採用し、8倍速記録に対応するデータ用DVD+RWメディア「D+RW47C.1P」を発表した。

[ITmedia]

 日立マクセルは5月31日、8倍速記録に対応するデータ用DVD+RWメディア「D+RW47C.1P」を発表、6月27日より発売する。価格はオープン。

photo D+RW47C.1P

 D+RW47C.1Pは、3.3倍速および6倍速〜8倍速記録に対応するDVD+RWメディア。記憶容量は4.7Gバイト。新開発の相変化記録膜を採用し、高速記録時でのエラーレートの低減を実現する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう