ニュース
» 2005年06月01日 16時29分 公開

アイ・オー、2層DVD±R対応ポータブルDVDドライブなどDVDドライブ3製品

アイ・オー・データ機器は、2層DVD±R対応ポータブルDVDドライブ「DVRP-UM8D」、Serial ATA&ATAPI両対応の内蔵DVD±RWドライブ「DVR-ABN16D/S」などDVDドライブ計3製品を発表した。

[ITmedia]

 アイ・オー・データ機器は6月1日、USB外付けポータブルDVDドライブ「DVRP-UM8D」、Serial ATA&ATAPI両対応の内蔵型DVD±RWドライブ「DVR-ABN16D/S」、ATAPI内蔵型スーパーマルチドライブ「DVR-AB4163」の計3製品を発表、6月中旬より順次発売する。価格はDVR-ABN16D/Sが2万6400円、DVR-ABN16D/Sが1万1500円。DVR-AB4163はオープンプライスとなっている。

photo DVRP-UM8D

 DVRP-UM8Dは、2層DVD±R対応のUSB 2.0/1.1外付けポータブルDVDドライブで、パナソニック四国エレクトロニクス製のスロットインタイプDVDドライブ「UJ-846」を内蔵する。

 主な対応メディアと書き換え速度は、2層DVD+R 2.4倍速書き込み、2層DVD-R 2倍速書き込み、DVD±R 8倍速書き込み、DVD±RW 4倍速書き換え、DVD-RAM 5倍速書き換えなどに対応する。

 添付ソフトとしてUlead製オーサリングソフト「DVD MovieWriter 3.5 SE with VR for I-O DATA」、B.H.A製ライティングソフト 「B's Recorder GOLD8 BASIC」、「B's CLiP6」などが付属する。

 本体サイズは138(幅)×162(奥行き)×22(高さ)ミリ(突起部を除く)、重量は約450グラム(本体のみ)。対応OSはWindows Me/2000 Professional/XP。

photo DVR-ABN16D/S

 DVR-ABN16D/Sは、NEC製ドライブ「ND-3540A」を採用する同社製DVD±RWドライブ「DVR-ABN16D」にATAPI−Serial ATA変換基盤を付属したモデルで、Serial ATAおよびATAPI接続に両対応する。

 主な対応メディアと書き換え速度は、2層DVD±R 8倍速書き込み、DVD±R 16倍速書き込み、DVD+RW 8倍速書き換え、DVD-RW 6倍速書き換えなどに対応する。

 添付ソフトはUlead製オーサリングソフト「DVD MovieWriter 3.5 SE with VR for I-O DATA」、B.H.A製ライティングソフト 「B's Recorder GOLD8 BASIC」、「B's CLiP6」など。本体サイズは146(幅)×185(奥行き)×41.3(高さ)ミリ(フロントベゼル除く)、重量は約900グラム(本体のみ)。対応OSはWindows 2000 Professional/XP。

photo DVR-AB4163

 DVR-AB4163は、日立製作所製ドライブ「GSA-4163B」を採用するスーパーマルチドライブで、DVDオーサリングソフトが付属しない数量限定の低価格モデル。

 主な対応メディアと書き換え速度は、2層DVD+R 4倍速書き込み、DVD±R 16倍速書き込み、DVD+RW 8倍速書き換え、DVD-RW 6倍速書き換え、DVD−RAM 5倍速書き換えなどに対応する。

添付ソフトはB.H.A製ライティングソフト「B's Recorder GOLD8 BASIC」、「B's CLiP6」などが付属。本体サイズは146(幅)×184.6(奥行き)×41.3(高さ)ミリ(フロントベゼル除く)、重量は約870グラム(本体のみ)。対応OSはWindows Me/2000 Professional/XP。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.