ニュース
» 2005年06月03日 14時20分 公開

デル、BTXシャーシ採用のオフィス向けデスクトップ新モデル

デルは、BTXシャーシを採用する企業向けデスクトップPCの新スタンダードモデル「OptiPlex GX620/520」を発表した。

[ITmedia]

 デルは6月3日、BTXシャーシを採用する企業向けデスクトップPCの新スタンダードモデル「OptiPlex GX620」「OptiPlex GX520」の2製品の発売を開始した。BTOによるカスタマイズに対応、推奨構成価格は8万850円より(税込み)。

photo OptiPlex GX620/OptiPlex GX520用の4種類の筐体。ミニタワー、デスクトップ、スモールフォームファクタ、ウルトラスモールフォームファクタを用意する

 OptiPlex GX620は、マザーボードにIntel 945G Expressチップセットを搭載するデスクトップPCで、放熱に優れたBTXシャーシを採用する4種の筐体から任意に選択が可能となっている。CPUはPentium 4 521(2.80GHz)/同 531(3GHz)/同 541(3.2GHz)/同 551(3.4GHz)/同 640(3.2GHz)/同 660(3.6GHz)、Celeron D 326(2.53GHz)を搭載可能としている。

 OptiPlex GX520は、OptiPlex GX620からセキュリティチップやPCI Express x16拡張スロットなどの一部機能を省いたベーシックモデルで、選択可能な筐体が2種類のみとなっているほか、搭載可能CPUがPentium 4 521(2.8GHz)/同 531(3GHz)/同 541(3.2GHz)、Celeron D 326(2.53GHz)/Celeron D 336(2.8GHz)となっている。

 双方ともにメモリは最大4Gバイトを搭載可能で、光学ドライブはCD-ROM、DVDコンボドライブ、2層DVD+R対応DVD±RWドライブを選択できる。HDDは、OptiPlex GX620が最大250Gバイト、OptiPlex GX520が160Gバイトを搭載できる。

 グラフィックス機能として標準でチップセット内蔵のIntel GMA950が利用できるほか、OptiPlex GX620はRADEON X600 SE/128Mバイトを搭載可能となっている。

 OptiPlex GX620およびOptiPlex GX520の構成例と価格は以下の通り。

製品名OptiPlex GX620OptiPlex GX520
CPUPentium 4 640 (3.2GHz)Pentium 4 521 (2.8GHz)
マザーボードIntel 945G Expressチップセット搭載製品
メモリDDR2 SDRAM 1GバイトDDR2 SDRAM 256Mバイト
HDDSerial ATA 80GバイトSerial ATA 40Gバイト
光学ドライブDVD±RWCD-ROM
サウンドオンボード(AC97準拠)
グラフィックスチップセット内蔵(Intel GMA950)
通信10/100/1000BASE-T
OSWindows XP Professional SP2日本語版
筐体デスクトップ・シャーシデスクトップ・シャーシ
推奨構成価格(税込み)14万3850円8万850円

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう