ニュース
» 2005年06月27日 17時37分 公開

ソニー、薄型フラットデザインのデータプロジェクタなど4製品

ソニーマーケティングは、高さ52ミリの薄型フラットデザインを採用するデータプロジェクタ2製品など、プロジェクタ計4製品を発表した。

[ITmedia]

 ソニーマーケティングは6月27日、薄型フラットデザインを採用するデータプロジェクタ「VPL-CX20」「VPL-CS20」、およびコンパクトデザインのデータプロジェクタ「VPL-CX76」「VPL-CX86V」の、計4製品を発表、7月23日より順次発売する。価格はいずれもオープン、予想実売価格はVPL-CX20が20万円、VPL-CS20が19万円、VPL-CX76が28万円、VPL-CX86Vが38万円。

photo VPL-CX20

 VPL-CX20およびVPL-CS20は、高さ52ミリの薄型デザインを採用しつつ、165ワット出力のUHPランプを搭載する3原色液晶シャッター方式のデータプロジェクタで、VPL-CX20は1024×768ドット(XGA)表示、VPL-CS20は800×600ドット(SVGA)表示に対応。明るさは双方2000ルーメンとなっている。

 本体の傾きに応じて自動で歪み補正を行う「オートフォーカス付きアドバンストインテリジェントオートセットアップ機能」をサポート。また、電源切断/電源コードを抜いた後にも冷却ファンが自動で駆動する「オフ&ゴー」機能を搭載する。

 インタフェースとしてアナログD-Sub、コンポーネント、AVマルチ端子(コンポジットビデオ、S-Video、オーディオ)を備える。また、1ワット出力のモノラルスピーカーを内蔵している。

 本体サイズは273(幅)×10(奥行き)×52(高さ)ミリ、重量は約1.9キロ。

 VPL-CX76およびVPL-CX86は3原色液晶シャッター方式のデータプロジェクタで、双方とも1024×768ドット表示に対応。PCからの画像をワイヤレスにて本機に転送できる「Air Shot(エアーショット)」機能に対応、付属のワイヤレスLANカードと、USB接続タイプのワイヤレスLANモジュール(PC用)を使用することで、ワイヤレスでのプレゼンテーションにも対応する。

 本体スペックは、VPL-CX76がランプ出力165ワット/明るさ2500ルーメン、VPL-CX86がランプ出力190ワット/明るさ3000ルーメンとなっている。

 インタフェースとしては双方アナログD-Sub、コンポーネント、コンポジットビデオ、S-Video、オーディオ入力、」メモリースティックスロットを備えるほか、VPL-CX86がアナログD-Sub出力、音声出力を備えている。

本体サイズおよび重量は、VPL-CX76が298(幅)×243.5(奥行き)×69(高さ)ミリ/約2.9キロ、VPL-CX86が328(幅)×283.8(奥行き)×92.6(高さ)ミリ/約3.8キロ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう