ニュース
» 2005年07月05日 15時07分 公開

ピクセラ、TVキャプチャーボックス「PIX-FTV300UM」の最新ドライバ公開

ピクセラは、Mac対応TVキャプチャーボックス「PIX-FTV300UM」のアップデータを公開。Mac OS X Tigerに対応したほか、USB1.1搭載Power Mac G4以降でも利用できるようになった。

[ITmedia]

 ピクセラは、発売中のMac OS X対応TVキャプチャーボックス「CaptyTV」シリーズ最新モデル「PIX-FTV300UM」のアップデータを公開、Mac OS X Tigerに対応したと発表した。最新ドライバは同社Webページよりダウンロード可能だ。

 PIX-FTV300UMは、USB2.0接続の外付けTVキャプチャーボックス。ノイズを軽減させる3次元Y/C分離、ゴーストリデューサなどを搭載している。

 今回のアップデートにより、Mac OS X 10.4.1に正式対応した。また、USB1.1ポートを標準装備したPower Mac G4(AGP Graphics)以降でも利用できるようになった(取り込みビットレートは、最大5.5Mバイトまでに制限される)。

 そのほか予約設定の取り込みビットレートバランスの修正や、予約設定に音声切り替えの追加を行った。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう