速報
» 2005年07月20日 08時35分 公開

Intel、ノートPCプロセッサ好調で増収増益

Intelの4〜6月期決算は、前年同期比で売上高が15%増、純利益は16%増で、第2四半期として過去最高の収益を上げた。平均販売価格はXbox向けプロセッサの出荷増大に伴いやや低下している。

[ITmedia]

 米Intelが7月19日発表した第2四半期(4〜6月期)決算は、売上高が前年同期比15%増の92億ドル、純利益は同16%増の20億ドル、1株利益は22%増えて33セントとなった。前期と比べると売上高は2%、利益は6%の減少。

 ポール・オッテリーニ社長兼CEOは「ノートPCプラットフォームの力強い需要に支えられて第2四半期として過去最高の収益を上げた。新製品、高度なシリコン機能、新興市場への投資が奏功して業界をしのぐペースで成長している」との談話を発表した。

 モバイル技術のCentrinoをベースとしたノートPCプラットフォームは過去最も速いペースで成長。マイクロプロセッサ全体でも大きな伸びを示した。平均販売価格はXbox向けプロセッサの出荷増大に伴いやや低下している。

 第3四半期は売上高96億〜102億ドルを予想している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう