ニュース
» 2005年08月09日 15時31分 公開

オウルテック、疑似サラウンド再生も可能なUSBオーディオアダプタ

オウルテックは、疑似サラウンド再生にも対応するUSBスティック型の小型USBオーディオ変換アダプタ「OWL-SPADP/USB」を発表した。価格は1580円前後。

[ITmedia]

 オウルテックはこのほど、疑似サラウンド再生にも対応するUSBスティック型の小型USBオーディオ変換アダプタ「OWL-SPADP/USB」を発表、8月中旬より発売する。価格はオープン、予想実売価格は1580円前後。

photo OWL-SPADP/USB

 OWL-SPADP/USBは、USBスティックタイプのUSBオーディオ変換アダプタで、擬似サラウンド出力ソフト「Xear 3D Sound」を内蔵しており、擬似5.1チャンネルのバーチャルサラウンドを実現する。好みの音響効果や擬似スピーカーの位置や距離などの、細かなセッティングも可能となっている。

 本体サイズは23(幅)×67(奥行き)×12(高さ)ミリ。対応OSはWindows Me/2000 Professional/XP。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.