ニュース
» 2005年08月18日 12時34分 公開

ロジクール、高画質True30万画素CMOSセンサー採用Webカメラ3モデル

ロジクールは、集光率を高めた30万画素CMOSセンサーを採用するWebカメラ「QVC-70」「QV-61」「QV-500N」の計3モデルを発表した。

[ITmedia]

 ロジクールは8月18日、集光率を高めた30万画素CMOSセンサーを採用するWebカメラ「Qcam Communicate STX(QVC-70)」「Qcam Instant Messenger(QV-61)」「Qcam for Notebooks Deluxe(QV-500N)」の計3モデルを発表、9月2日より発売する。

photo QVC-70(左上)、QV-61(右上)、QV-500N(下)

 QVC-70、QV-61およびQV-500Nは、30万画素CMOSセンサーを搭載するUSB接続Webカメラで、640×480ドットの動画撮影、および1280×960ドットの静止画撮影(ソフトウェア補正による)をサポートする。

 QVC-70およびQV-61は、本体内にマイクを内蔵するビルトイン設計のWebカメラで、自由に角度を変えられるフレックスクリップ型のスタンドを採用。デスク上などの平面設置のほか、クリップを曲げることで厚さ40ミリまでの液晶ディスプレイなどを挟みこんでの設置も可能となっている。またQVC-70はブルーLEDを内蔵しており、使用時にはインジケーターとして点灯する。

 QV-500Nは、ノートPC用のコンパクト設計がなされており、本体底面のクリップによりノートPCのフレームに挟んで固定することが可能となっている。また、持ち運び用の専用ポーチが付属する。

 3製品ともに、ヘッドセットが付属するモデル「QVC-70HS」「QV-61HS」「QV-500NHS」を同時リリース。同梱となるヘッドセットは、人間の音声帯域となる350Hz〜7000Hzをフォーカスし、それ以外をフィルタリングする「MicroNCAT2テクノロジー」を採用しており、クリアな音声入力が可能となっている。

 本体サイズはQVC-70が55(幅)× 55(奥行き)×55(高さ)ミリ(クリップ部含まず)、QV-61が61(幅)× 66(奥行き)×61(高さ)ミリ(クリップ部含まず)、QV-500Nが41(幅)×24(奥行き)×63(高さ)ミリ。

 対応OSはいずれもWindows 98/98SE/Me/2000 Professional/XP。

 QVC-70、QV-61およびQV-500Nの価格は以下の通り。

型番ヘッドセット価格
QVC-704980円
QVC-70HS同梱5980円
QV-613980円
QV-61HS同梱4980円
QV-500N4980円
QV-500NHS同梱5980円

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.