アイ・オー、スターウォーズUSBメモリに新キャラクター追加

» 2005年08月24日 15時45分 公開
[ITmedia]

 アイ・オー・データ機器は8月24日、映画「STAR WARS」のキャラクターをモチーフしたUSBメモリ「STW-BF256M2」「STW-CT256M2」、および高速転送対応USBメモリ「EasyDisk Platinum2 ECO」シリーズ4製品、13メディア対応のUSB2.0対応メモリカードリーダー「USB2-W12RW」の計7製品を発表、8月下旬より順次発売する。

photo STW-BF256M2(左)、STW-CT256M2(右)
(C)2005 Lucasfilm Ltd. &TM. All rights reserved.

 STW-BF256M2およびSTW-CT256M2は、映画「STAR WARS」のレリーフを施したUSB2.0/1.1対応のUSBメモリ「STAR WARS USBメモリーコレクション」の新ラインアップで、STW-BF256M2はボバ・フェット、STW-CT256M2はクローン・トルーパーの姿が描かれている。

 メモリ容量は従来モデルと同様の256Mバイトとなっている。本体サイズは17.5(幅)×36(奥行き)×12.5(高さ)ミリ、重量は28グラム。対応OSはWindows 2000 Professional/XP。

photo EasyDisk Platinum2 ECO

 EasyDisk Platinum2 ECOは、22Mバイト/秒の高速転送に対応するUSBメモリ「EasyDisk Platinum2」と同スペックのUSB2.0/1.1対応USBメモリで、新たにRoHS指令へのに対応がなされているのが特徴となる。

 製品ラインアップは256Mバイトモデルの「EDP2-ECO256」、512Mバイトモデルの「EDP2-ECO512」、1Gバイトモデルの「EDP2-ECO1G」、2Gバイトモデルの「EDP2-ECO2G」の4製品を用意する。

 同社製セキュリティソフト「iSPIS」が同梱、PC用のUSBキーとして利用可能な「QLock」、秘密ドライブを作成できる「SDrive」、ファイルの暗号化・分割が可能なセキュリティソフト「e-割符 V2」、USBメモリ内データをパスワードロックする「KeySafe Plus」が利用できる。

 本体サイズは約21.0(幅)×78.0(奥行き)×13.5(高さ)ミリ(マルチクリップ含まず)、重量は約20グラム。対応OSはWindows 98SE/Me/2000 Professional/XP、MacOS 9/X 10.1〜10.4。

photo USB2-W12RW

 USB2-W12RWは、USB2.0/1.1対応のメモリカードリーダーで、13メディアに対応。USBバスパワー動作に対応し、mini SDカードやメモリースティック Duoなどのミニメディアもアダプタ不要で利用できる(microSD仕様時は別途アダプタが必要)。

 対応するメディアはコンパクトフラッシュ、マイクロドライブ、メモリースティック、メモリースティック PRO、SDメモリーカード、MMC、スマートメディア、xDピクチャーカード、メモリースティック Duo、メモリースティック PRO Duo、miniSDカード、RS-MMC、microSD(TransFlash)。

 本体サイズは97(幅)×69.5(奥行き)×17.8(高さ)ミリ、重量は約80グラム。対応OSはWindows 98/98SE/Me/2000 Professional/XP、MacOS 9.0.4〜9.2.2/X 10.1〜10.1.5、10.2〜10.4.2。

 各製品の価格は以下の通り。

型番価格
STAR WARS USBメモリーコレクション
STW-BF256M25100円
STW-CT256M2
EasyDisk Platinum2 ECOシリーズ
EDP2-ECO2565700円
EDP2-ECO5121万400円
EDP2-ECO1G1万9200円
EDP2-ECO2G3万7000円
13メディア対応メモリカードリーダー
USB2-W12RW3170円

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

最新トピックスPR

過去記事カレンダー