ニュース
» 2005年09月06日 16時17分 公開

オウルテック、鉄板内蔵108キーボード

オウルテックは、内部に鉄板を配し安定性を増した日本語キーボード「OWL-KB108SF」を発表した。価格は2200円。

[ITmedia]

 オウルテックはこのほど、内部に鉄板を配して安定性を増した日本語キーボード「OWL-KB108SF」2製品、およびスリムベイ内蔵型のDVDスーパーマルチドライブ「TS-L632B/BOX」を発表、9月上旬より発売する。価格はオープン、予想実売価格はOWL-KB108SFが2200円、TS-L632B/BOXが1万5000円。

photo ブラックモデルの「OWL-KB108SF(B)」(上)、ホワイトモデルの「OWL-KB108SF(W)」(下)

 OWL-KB108SFは、PS/2接続対応の日本語108キーボードで、低価格モデルながら鉄板を内蔵することにより安定感を増しているのが特徴となる。

 本体サイズは470(幅)×180(奥行き)×30(高さ)ミリ、重量は約730グラム。

photo TS-L632B/BOX

 TS-L632B/BOXは、スリムベイ内蔵タイプのATAPI対応スーパーマルチドライブで、2層DVD±R 2.4倍速書き込み、1層DVD±R 8倍速書き込み、DVD±RW 4倍速書き換え、DVD-RAM 5倍速書き換えに対応する。

 付属ソフトとして統合メニューソフト「PowerStarter2.0」、DVDオーサリングソフト「PowerProducer3」、ライティングソフト「Power2Go Ver.4」、パケットライトソフト「InstantBurn4」などが同梱される。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう