ニュース
» 2005年09月13日 12時00分 公開

エプソンダイレクト、フラッグシップ「Endeavor Pro3300」にx64 Edition搭載モデル

エプソンダイレクトは、フラッグシップモデルのデスクトップPC「Endeavor Pro3300」のBTOメニューを強化、OSにWindows XP x64 Editionを選択可能としたほか、PC2-4200メモリ 2GバイトをBTOメニューに追加した。

[ITmedia]

 エプソンダイレクトは9月13日、同社製デスクトップPCラインアップの最上位モデルとなる「Endeavor Pro3300」のBTOメニュー強化を発表、搭載OSとしてWindows XP x64 Editionを選択可能としたほか、PC2-4200メモリ 2GバイトをBTOメニューに追加した。

photo Endeavor Pro3300

 Endeavor Pro3300は、デュアルコアPentium対応のミドルタワーデスクトップPCで、Pentium 4 Extreme Edition 840(3.20GHz)、Pentium D 840(3.20GHz)、Pentium 4 670(3.80GHz)などを搭載可能な同社製ハイエンドPC。

 今回のBTOメニュー改変により、最大で8Gバイト(PC2-4200 DDR2 SDRAM 2Gバイト×4枚)のメモリを搭載可能となったほか、OSとしてWindows XP x64 Editionを選択することで64ビットベースのアプリケーションの高速動作が期待できる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう