ニュース
» 2005年09月27日 17時44分 公開

デル、Xeon 3.8GHz/デュアルコアXeonをWS/サーバ製品に採用

デルは、同社製WS「Dell Precision Workstation」、高性能サーバ「PowerEdge」の搭載可能CPUとして、新たにXeon 2.8GHz/3.8GHz、Xeon 低電圧版3GHz、デュアルコアXeonの4製品を追加した。

[ITmedia]

 デルは9月27日、同社製WS「Dell Precision Workstation」および高性能サーバ「PowerEdge」の搭載可能CPUラインアップの拡充を発表、新たにXeon 2.8GHz/3.8GHz、Xeon 低電圧版3GHz、デュアルコアXeonの4製品を選択可能とした。

photo PowerEdge 1800

 新プロセッサ搭載対応となる製品は、マザーボードにIntel E7520/E7525チップセット搭載製品を採用するPowerEdge/Precision Workstationシリーズの計9機種となっている。

機種名選択可能CPU
PowerEdge 1800/2800/SC1420/1850
/2850/SC1425/1855、Dell Precision 470/670
Xeon 2.8GHz
Xeon 3.2GHz
PowerEdge 1850/2850/1855/SC1425Xeon 低電圧版 3GHz
PowerEdge 2800/1850/2850、
Dell Precision 470/670
デュアルコアXeon

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう