ニュース
» 2005年10月19日 14時29分 公開

バッファロー、無線飛距離を伸ばす平面型指向性無線LANアンテナ

バッファローは、同社製無線LANルータ「AirStation」の新筐体モデルに対応する、平面型指向性無線LANアンテナ「WLE-AT-DAH」を発表した。価格は4980円。

[ITmedia]

 バッファローは10月19日、無線LANルータ「AirStation」の新筐体モデルに対応する、平面型指向性無線LANアンテナ「WLE-AT-DAH」を発表、11月上旬より発売する。価格は4980円。

photo WLE-AT-DAH

 WLE-AT-DAHは、同社製無線LANルータ「AirStation」の新筐体採用モデル「WHR」シリーズに対応するアタッチメントアンテナで、標準装備されているスリーブ式アンテナと交換して本体に直付けが可能。最大で、約170%の通信距離延長が可能となるとしている。

 対応接続機種は「WHR-HP-G54」「WHR-G54S」「WHR-AMG54」(IEEE802.11b/gのみ接続可能)、「WLI-TX4-G54HP」の各製品。

 本体サイズは101(幅)×21.5(奥行き)×150.8(高さ)ミリ、重量は120グラム。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう